駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「宝塚雑談」 2007年 09月 24日 (月) 22:21
初めてみたテレビ番組『カルチャーSHOwQ』。
「タカラヅカ検定」?
何?
クイズ番組?

あ、紫吹淳氏がでているではないかー!
男性のゲストはぜんぜん知らない人だけど、女性のほうは『宝塚読本』を書いた方で、紫吹さんに
 「ファンレターって、何て書いたら喜んでもらえるんですか?」
と非常に実用的な質問をしかけていらっしゃった。
その答えは
 「『かっこいい♪』とか、『ここがよかった♪』とか」
スターがファンに求めているのはひたむきな賛辞であるらしい。

舞台の様子もいろいろと、ファンには嬉しい映像も多かった・・・ような気がする(このへん早送りで見たの)。
ジョイフルのミズさんを見た気がする。
シークレットハンターのアランさんを見た気がする。
マジシャンのセナさんもいたかもしれない。
最後のスローモーショんはハルノさんだっただろうか?
あ、そういえば大和さんの歌声が「ばれんしあぁ~」って流れてた気がする。
インタビューに答えていた大和悠河くんと陽月華ちゃんは、きらきらと美しい人達というふうに見えて、とても嬉しかったし安心した。

話題が『宝塚おとめ』に触れたとき、宝塚ファンのゲスト2人は口をそろえてこう言った。
 「ファンなら必ず持っている!」
 「バイブルだ!」
いや、そんなもん力説されてもなあ。
10年に一度くらいしか買わない私はそんなに不信心なのか?
そのときの問題が
 「瀧川末子はんのプロフィールについて正しいものは?」
というものだったが、選択肢がなかなかふるっている。
 1)小林一三の孫
 2)親子3代タカラジェンヌ
 3)身長2mジェンヌ
身長2mの瀧川さんを想像して幸せな気分に浸ったファンは、私だけではないはずだ。

狂ったようなファンが強調されていなかったことには安心したけれど、ゲストの梶原しげるという人の、
 「宝塚ファンはどんな障壁をのりこえても観にいきますから!」
という言葉だけがちょっと寒かった。
本当のことだから。
本当だけど、ファンは日常という名の障壁も大事にするべきだと思っているから。

15歳の受験生なんかも登場した。
なんかこう、若き日のはるのじゅびれい氏に似た顔の子で、
特にお金持ちそうに見えないあたりも好感度大である。
そのお嬢さんに関する問題が、これだ。
 「音楽学校を目指す彼女が受験にそなえてしたこととは?」
ほかの選択肢はともかく、よりにもよって
 3)プチ整形
を選んでいた紫吹淳氏に思わず惚れなおした。

クイズは全部で20問、あなたは何問正解しましたか?
ちなみに私は18問でした。
・・・ファンの必需品なんて知るかー!
私にとっては目薬よりも、友達と待ち合わせするためのケータイの方がずっとずっと必用だぞー!

締めくくりの筧さんの言葉がとてもよかったです。
何て言ってたのかは、忘れたけど。
 「ファンも文化だ!」
とか言ってたっけな。
番組のサイトにはこう書いてあった。

宝塚といえば、一部のヅカファンの熱狂振りがあまりに有名ですが、宝塚のステージは老若男女すべてが楽しめる夢の時間を提供しているのだ!!


老若男女の宝塚。
農協さんの団体も修学旅行生も、障害者も子供も男性たちも、
みんなで観ましょう宝塚。
ファンの間口が広がりますように。

・・・良い番組でございました。
カテゴリ: 宝塚雑談
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。