駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「ネタバレ!」 2007年 08月 27日 (月) 19:22
『MAHOROBA』-遥か彼方YAMATO-

 「(2)英雄誕生~クマソタケル討伐」  (1)はこちら
 
○ 第3場 夜明け(DAWN)
YAMATOの国の英雄誕生

青い空。
なだらかな山なみ。
穏やかでのどかな背景画は、ヤマトの里の風景だ。
下手にみえるのは畝傍山?
奈良県民の皆様は「あ、私ん家あそこ」と思いながら見てください。

そこにヤマトの英雄オウス(瀬奈じゅんサン)が誕生!
美しい天女の舞いと、ヒゲ面のスメラミコト(越乃リュウさん)に囲まれて。
スメラミコトて・・・天皇、だよね?
少年オウスは健やかに幸せに暮らしておりました。
彩乃かなみサンもでてくるけど、この時はまだ「袖摺りあうも他生の縁」くらいの関係だ。

ヤマトの英雄オウスにむかって、スメラミコトは命令した。
 「火の国へ行ってクマソをやっつけてこい!」
伊勢の巫女さん・ヤマトヒメ(花瀬みずかちゃん)は、
 「お餞別に」
と、剣と衣をプレゼント。
そしてオウスにひざまずくのは、お供の家来、サルメ(霧矢サン)とサダル(大空サン)。
さしずめ、あれだ。
あのノリだ。
・・・桃太郎と犬と猿。
 「お団子ひとつ下さいな!
  あなたの家来になりましょう」
さあ、鬼が島へ出発だー!




○ 第4場 燃ゆる島

なんでここから英語のサブタイトルなくなったの?

九州南部。
クマソの国。
舞台には大鳥居のセットがどんと据えられ、
LEDスクリーンにはメラメラと燃える赤い字が、まんま漢字で
 「火」
今日は火曜日。燃えるゴミの日。
じゃなくて、燃える火の国だそうですよ。

輝くかがり火。
勇壮な和太鼓。
ソロで踊るはヒノカグツチ・青樹泉ちゃん。
派手に羽しょって真面目な顔で、燃え上がってる火の神様。
でもそんな突拍子もないサンバ衣装で九州とか言われてもな。
ブラジルあたりの神様が出稼ぎにきたのかと。

そして炎の国の男たちがなだれ込んできて歌う。
火の国クマソの男衆が踊る。
衣装は集団・孫悟空!
みんなで如意棒ぶん回し。
吠えろ!
蹴とばせ!
突き上げろ!
荒々しくってもう、大暴れ。

野郎どもは今夜も酒盛り。
 「酒だー、酒もってこーい!」
 「女も連れてこーい!」
と盛り上がっているところへ
 「ハ~イ♪」
現れた3人の美女。
美女?
ええ、もう・・・・・美女!
オウスとサルメとサダルである。
アラビア風の衣装を着こなし、顔を覆って女装をしている。
このとき着ているのが、ヤマトを出るとき餞別にもらった服なんだけどね。
ヤメトヒメは彼が女装をすることを見抜いていたのか。
それともオウスにもともとその手の趣味があったのか?
それはともかく3人組は、高めの声で歌ったり、腰を振ったり目で誘ったり、
 「一献いかが♪」
と飲ませてみたり。
・・・こっ、これは!
由美かおるの、否、かげろうお銀の得意技ではないか!

悪代官役をつとめるのはクマソタケルの兄弟である。
クマソ兄(遼河はるひ君)弟(桐生園加くん)も、
3人のおかまの正体には気づきもせずにウハウハと喜んじゃって、酒の相手をさせていた。

 「そのほう、見かけぬ顔じゃな」
 「オウスともうします♪」
 「可愛いやつよの。もそっと近うよれ」
 「あれ、お殿様、いけませぬ・・・」
 「よいではないか、よいではないか」
 「いけませぬいけませぬ・・・」
 「よいではないか、よいではないか」
 「いけませぬいけませぬ。ア~レ~!」

言いながらオウスは懐に忍ばせた刀を抜いて、兄クマソのの胸をグサリ!
いきなり殺した。
驚いたのは弟クマソで、口をパクパクさせて腰を抜かして情けない。
オウスは彼も殺そうと剣を振り上げるが
 「あ、俺まだ女装したままだった」
妙なところに気がついて立ち去ってしまう。
あとを任されたサダルも
 「ふん!」
てな感じで放ったらかしだったので、クマソ弟はそのままスタコラサッサと逃げ出した。
生き延びさせてどうする、オウス。

他方、部下のサルメは囚われの女性達を救出していた。
頭を結い上げた女性達(城咲あいちゃん・白華れみちゃん・夢咲ねねちゃん)は、
 「私たちの故郷は遠い海の向こうからです」
と言う。
沖縄の人なのだな。
カテゴリ: ネタバレ!
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。