駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「なんとなく花のみち日記」 2007年 08月 17日 (金) 19:07
16日の話。
暑くて暑くて、
 「頭がスライム~」
と友達が言った。
とろけるような暑さが続く。
プロ中のプロ・未沙のえる氏でさえ頭がスライム状態らしく、
 「ヤマト姫」
のことを
 「タチバナ姫!」
と言うていた。
いったいそれは誰なのかと。

盛夏8月。
皆さん、スライムしてますかー?

我が心のまほろば・タカラヅカは信じられないくらい寒かった。
冷房、効ききすぎ。
温度、下げすぎ。
地球温暖化に一役買いすぎなのである。
長袖必携、大劇場。

しかも学割キャンペーン中ときたもんだ。
子供・子供・子供・子供!
前にも後ろにも右にも左にも、
子供・子供・子供・お父さん・お父さん・お父さん!
うわあ!
お父さんみんな寝てる!
並んで寝てる!
そして子供がツッコミまくる!

 「へーんな絵ー!(MAHOROBA)」
 「どうしてバレないの?(マジシャンの憂鬱)」
 「どうして? ウッソやーん。(マジシャン)」
 「どうしてあのひと生きてるの?(マジシャン)」
 「どうしてだろうねえ。おかーさんも分らないよ・・・」

私も分らないよ・・・。
マジシャンはいつだって謎に包まれているものであろう。

あんまり暑いので私は劇場の外に出るのがイヤになり、
午前も午後も観つづけた。
(このまま住みついてしまいたかった。)
そしたらね。 
なぜだかね。
突然にね。
唐突にね。
・・・青樹泉ちゃんが可愛くて可愛くてしかたがなくなった。
頑張って踊ってる火の神とか、
頑張って帰っていく探検隊の人とか、
いじらしくってたまんないよ、あの子!

なんかこう、
頑張っても頑張っても報われない学級委員みたいな、
弟達におやつを分けたら自分の食べる分がなくった長女みたいな、
もしくは、イケメンの友達に囲まれて埋もれちゃってる平均的男子みたいな、
そういうところが可愛いのである。
 「それ判官びいきって言わないか?」
なーんて言われたが。
・・・でっかい人達に囲まれた、青樹泉に幸あれと。
思いながら観ていたのだよ。

私の文章も暑くてスライム。
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。