駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「なんとなく花のみち日記」 2007年 07月 20日 (金) 19:44
昨日、忙しいと知りつつ休みをとった。
 「誕生日なんで!」
と言い捨てて。
誰にも文句は言わせない。
トシの話もきかせない。

梅田芸術劇場、花組『あさきゆめみしII』。
II。
2。
ツーって、何。
和語なら和語らしく!
『あさきゆめみし ふたつ』ではアカンのか。

タイトルなんぞどうでも宜しい。
ついでに話もどうでも宜しい。
私は紫式部より清少納言派なのでございます。
漫画はよく知らないのでございます。
茶髪の平安貴族とか、カタカナ語を駆使する平安貴族とか、
ファンタジスタな謎の半球体とかも、よくわかんないのでございます。
ついでに娘役陣は誰が何の役なのかよくわかんなかったのでございます。

それはともかく。
春野寿美礼という名前もお顔も歌声も、雅きわまる光源氏でございました。
美しく。
影を抱いて。
いろけがあってね。
・・・男役の色気はエロ気と別物です。あしからず。
また夜這いしてたけどさ。

真飛サンは生と死の時間を統べる、和名の死神といったところ。
トートと同じで、突然、変なとこから現れる。
波の底から。
エレベーターの中から。
神出鬼没の時の、ときのめだま!
いや違った。
ときの、あめだま!
いや、くすだま!
いや、びーだま!
なーんかキラキラして見えたのだ。
衣装ではなく存在感が。
 「最後に分ったんだけど、あのひと、宇宙人だったんだね」
と友達が言った。
えええ!
エイリアンでしたか、刻の霊(ときのすだま)。

平安時代の茶髪男・頭中将は壮一帆君。
7年前、新人公演で同じ役をやっていたのを覚えている。
親子4人で舞う場面、あのときの壮君はどんなに美しかったことか。
今では美しいばかりではなく立派な演技派だった。
大人になったなあと思った。

二幕も後半。
だんだん辛くなってきた。
仕事をサボって観にきた身の上。
昼飯代さえ事欠くありさま。
お腹が鳴った。
ぐるるるー。
隣席のひとのお腹も鳴った。
ぐるるるるるー。
2人のお腹が同時になった。
ぐるるるるるるるー!
・・・シンクロした。
お隣のひともやっぱり貧乏なんだろうか。

(以下、ネタバレになっても気にしない人だけどうぞ。
たいしたことないけど。)
 
さて、お腹が鳴ってるあいだに光君は刻のすだれと2人、愛の海を泳いでわたってしまわれた。
華麗なる女性遍歴を誇る光君も、あの世で巡りあうのはただ一人の女性。
純白の天国セットに包まれて、愛の世界に包まれて。
ああ。
綺麗だなあ。
と浸って終わっていくのだが。

一瞬。
ほんの一瞬で。
天国のセットがはじけとび、あさき夢の平安世界もぶっとんだ!
あらわれたのはコッテリ濃い夢!
ギラギラのショーの始まりだ!
またまた吠えてる真飛聖!
 「何するねん!」
てなぶち壊し具合。
急転直下がすばらしい。
黒燕尾に白い顔が全員そろって浮いてるし。
ギラギラスパンコールくっつけて
 「ああ紫の上~」
としみじみ歌われても雅じゃないし。
ドレスの上から和装を羽織るなんて、素敵すぎて無理矢理すぎて、綺麗だった。

中途半端はキライやねん!
そやけどある意味、半端じゃなくタカラヅカらしい展開やねん!
しかも芝居ぜんぶ合わしたよりフィナーレのショーのほうがおもしろかってん!
どないやこれ!

・・・浅き夢見じ酔ひもせず。
半笑いのうちに緞帳が降りた。
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。