駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「宝塚雑談」 2007年 07月 16日 (月) 00:31
開演前の空気が好きだ。
開演前。
赤い座席についてから、あなたは何をしているだろう。
友達とおしゃべり。
プログラムを広げての予習。
もしくは大急ぎでカロリーメイトとかじるとか。

私はオーケストラの音あわせを聞くのが好きだ。
やわらかな和音を触るバイオリン、
音の階段を上り下りするクラリネット、
ロマンチックな一節を奏でるフルート、
軽く叩くドラム。
ばらついた音の上に観客の話し声が風のように重なりあう。
開演前のざわめきは、緞帳の向こうに待っている世界への、期待にみちた前奏曲なのだ。

穏やかな時間をさえぎり、開演を告げるブザーの音。
 「皆様たいへん長らくお待たせいたしました」
アナウンスが流れている。
灯りが落ちて、客席はゆっくりと闇につつまれていく。
観客はいそいそとプログラムを閉じ、今を最後と咳払いをしておく。

オケボックスにあらわれた指揮者の背中。
ばらばらだった音がラの音で一つになる。
そうして。
やがて。
白いタクトが振り上げられて。
心臓がドクンと音をたてる一刹那、静けさと緊張のなかで、
私は劇場にきたのだと、舞台を同じ空気を吸いながら観るのだという喜びをかみしめる。
張り詰めた空気の中をタクトが舞い、音楽が走りだす。

さあ! 幕が開く。
カテゴリ: 宝塚雑談
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。