駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「なんとなく花のみち日記」 2015年 06月 07日 (日) 21:42
再演されると知ったとき、友達にまっさきに連絡した。
 「お願い、一緒に観にいって!」
だってさあ、あれを一人で観るなんて無理。
客席で一人ぽっちで笑いつづけるなんて無理!

それで2人で笑いにいった。
訂正。
2人で観に行った。
宙組『王家に捧ぐ歌』。
・・・宙組であってる?

とっても真面目な作品です。
平和をうたっているのです。
それでもなぜか笑いが止まらない。
『ベルばら』に笑いが止まらないのと同じように。

なにしろ初演の頃と変わらず壁画のセットがたまらない。
上手端に描かれた通称『パンツ一丁男』が健在だ!
12年ぶりのパンイチ君久しぶり!

 男 「鶏のタマゴとれたで。あんた食うか?」
 神様 「いや、俺も鳥やし、共食いになるからやめとくわ」
みたいな2コママンガもお気に入り。

端っこの方ではオオカミがガオーッてやってるし。
地下牢入口に描かれているアヌビス神なんて舌がテヘペロッてるし。

壁画はさておき。
主役の2人。
妖怪ファラオは無事に空を飛んでいた。
赤鬼アモナスロはますますワルくなっていた。
あ、ここは主役じゃなかったか。

ラダメス君はちょっと前屈み気味だけど、爽やかな将軍でございました。
アイーダさんは素敵な声で聴かせてくれました。
お約束のように手に汗握る、なかなかおもしろいアムネリス様でございました。
「てっさ」みたいな被り物がすごく懐かしかった。
あと、真風涼帆くんがむちゃくちゃかっこよくなってた!
ウバルドってあんなに良い役だったっけ!?

ツッコミ始めたら止まらないので、以上、おわり!
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。