駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「なんとなく花のみち日記」 2012年 06月 10日 (日) 21:43
星組みてきた。
柚希礼音みてきた。
月に一度か、下手したら数ヶ月に一度の観劇だから
作品とか内容なんてどうでもいい。
私はただ、柚希くんが踊っているだけで幸せだ。
豪快だった。
爽快だった。
心地のいいダンスだった。

紅ゆずるくんは、タコだった。
ええ。
タコ。
蛸のように軟体な、顔。
素敵すぎる顔芸と首から下のギャップがいじらしいのか痛々しいのかわかんないけど。
もうね。
とにかくね。
可愛くて可愛くて仕方が無い。
こんなひと真ん中に置いておくなんてもったいない!(褒めている)
彼女の演じる秘密警察は、片想いすぎて独り相撲すぎてギャグすぎた。
正塚作品なのにありえへん。
大好きです。

夢咲ねねちゃんはかっこよかった。
かっこよくって頼もしくって、もちろんうまくて、とってもきれい。
背筋がきれい。
男役よりオトコマエ。
娘役の強い組は良い組です。

涼さん。
そこはかとない昭和の香り。
男役の香り。
宝塚の香り。
この人みてると「星組観てる!」って満喫できた。
「美学を観てる。」
そんな気がした。

宝塚の命は新陳代謝。
誰かが退めれば誰かが入る。
大きな穴があいてもすぐに自然にまた埋まる。
だけど一人が抜けるたび、やっぱり怯えてしまうのだ。
こんどは何が失われるのだろうと。
私も年をとったのだな。
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。