駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「なんとなく花のみち日記」 2007年 04月 24日 (火) 23:27
一人ぼっちで観る大劇場は、
一人ぼっちで入る露天風呂に似ている。
あったかい湯に浸かるがごとく、劇場の空気に首まで浸かり、
耳をすませて聴いている。
拍手の音は、風にざわめく森のよう。
ミラーボールは星のよう。
歌がじんわり沁みこんで、体の芯から解きほぐされていく。
はあ~。
いい湯だねえ。
リラックスして・・・。
心地よく・・・。
ゆったり・・・と。
 「はっ!
  寝たらあかん!」

ウソです。
寝てません(今日は)。

 
ということで、星組最終感想を。
体力ないので箇条書きにて失礼。

・『さくら』の主題歌に疑問を感じる件
  「私は今、清らですか?」
  「散る花よりも鮮やかですか?」
  …いったい誰に尋ねているのですか?

・『妖しいまでに美しいおまえ』の「おまえ」って誰だよの件
  いくつかの歌詞を総合したら、
  「妖しいまでに美しい」=「さくら」
  「さくら」=「俺」
  「妖しいまでに美しい」=「俺」
  …結局、俺かよ。

・「尚ぞ」「尚ぞ」と繰り返す歌詞に「なおぞう」というおじいちゃんを連想する

・「ふざけた泥棒!」と歌っている男爵のほうがよっぽどふざけているようにみえる

・ダゴベールの健気なキックに癒される

・最後の最後にスポットライトを浴びる2人に癒される。
 まるで授業参観で指名されてリコーダーを吹いている小学生男子のようだ

・今日は外国人のお客さんが目立つなあ。
 と思っていたら、客席がわあわあ騒ぎはじめた。
 拍手をするやら。手を振る人やら。
 どうやら有名人らしい。
 隣席の人に
 「あれはどなたでしょう?」
 と尋ねたところ
 「悠未ひろさんですよ」
 と言われた。
 …なんか違うような気が。
 真相は闇のままである。

***************************************

(追記:拍手を受けていたのはウィーン版『エリザベート』の出演者だった模様。教えてくださった方、ありがとうございました。)
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。