駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「宝塚雑談」 2010年 02月 13日 (土) 12:25
先日、大劇場の客席で思った。
しみじみ思った。
・・・・彩吹真央さんには幸せになってほしい。
近所のオバちゃんみたいな感想だけれども。
退団者を見送るときよくそう思うんだ。
彼女はこれまでいっぱい頑張ってきた。
これからもいっぱい頑張るだろう。
それが分るから。
幸せになってほしいと心から願う。
たとえどんな道に進むとしても。

それからもう一つ。
タカラヅカには続いてほしい。
つぶれないでいてほしい。

これから氷河期が訪れるだろう。
お客さんが減るだろう。
劇団のやり方が悪いとか・・・たしかにそれもあるけれど、
でも、そんな細かい話じゃなくて。
誰が悪い、の話じゃなくて。

時の流れには波がある。
大きい波。
小さい波。
一大ブームを巻き起こしチケット難になる時代もあれば
客席が真っ赤っかな時代もある。
今また、そういう時代が巡ってきたことを感じる。
何十年も観つづけてきたファンが
何十回も通っていたファンが
どんどん離れていくのを感じる。
私が今まで経験してきた波よりもこれはずっと大きいかもしれない。

だけどつぶれないでいてほしい。
90年を超える流れの中でどんな荒波も乗り越えてきた宝塚、
今回の波も乗り切って無事に100周年を迎えてほしい。

だって、私は宝塚ファンだからだ。
あんまり観ないし詳しくないし、
トップの顔すらわからない!
「ファン失格かも」と思ったときもあったけど。

私は何組のファンでも
誰のファンでもなくて
間違っても、『劇団』という組織のファンではなくて。

ただ、あの舞台の。
あの空間の。

舞台と客席とが一体になり
スタッフと生徒がいっしょうけんめいにつくり
ファンがいっしょうけんめいに応援している
あの特殊な、とくべつな世界の、ファンだからだ。

頑張れ、宝塚。
頑張れ、宝塚ファン。
カテゴリ: 宝塚雑談
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。