駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「なんとなく花のみち日記」 2010年 01月 25日 (月) 19:13
来たぞ。
ついに来た。
半年ぶりの大劇場。
ふわふわドレスと付け睫毛、
イミテーションでデコレーションでキラッキラの世界。
夢の世界への扉が、半年ぶりに今、まさに開こうとしている!!
 「うっ!」
自動ドアが開いた一瞬、むせかえる香水と女くささにひるんで帰ろうかと思った。

いかんいかん。
帰っちゃいけない。
今日は観るのだ。
友達と観るのだ。
何組を観るのだ?
 「星組や!」
なんか分らんうちにチケット買ってたよ。

続きは、ネタバレ嫌いな人と怒りっぽい人は読まないでね。
ということで星組公演は『ハプスブルグの宝剣』。
一言でまとめるとこんな話だ。

ユダヤ人の柚希礼音くんが恋人と引き裂かれ郷里から追い出され、
失意のどん底にいるところを凰稀かなめくんに拾われて、
それをきっかけに軍人としてのしあがろうと野心をボウボウ燃やすんだけれども、
主人の奥さんのマリア・テレジアが昔の恋人に瓜二つだったり
ユダヤ人なのがバレていじめられたりするので
自暴自棄になって死に場所を求め戦地に赴くが、
またまた生き延びちゃって
結局は人生に喜びと希望を見出しちゃっうところで終わり。

一言でまとめたらよく分らんな。

あとで感想をきかれた。
 「どうだった?」
どうもこうもない。
観ているだけで幸せだった。
噛みそうな役名ばかりだったとか
どこで盛り上がったらいいかよくわかんなかったとか、
そんなことはどうでもいい感じだった。

みんな頑張っててよかったです!

以上!


・・・というわけにもいかないので。
せめてトップひとりくらいは書いておこうか。

黒一色を身にまとい。
野心あふれる柚希礼音。
頭がよくて精悍で、
恋と野心とを胸に秘め
苦悩しているイイ男。
彼の名前はエリヤーフー。
追われて逃げてるエリヤーフー。
石の橋の袂から辛くも逃げおおせたはずなのに、
銀橋一曲、キメて歌って帰ってくると
またおんなじ石橋に戻ってきてた。
何やってるんだこの人は?
当たり前だが追っ手に見つかり
思いあまったエリヤーフー、欄干ブチ破って逃げた。
・・・素手で。石の欄干を。
パワフル礼音は健在だ。
10人がかりで虐殺されても死んでない。
不死身の礼音も健在だ。

どうでもいいのだが「柚希礼音」と打とうとすると、
どうしても「湯好きレオン」とか「油好きレオン」とかに強制変換させられる。
半年のあいだにPCが芸名を忘れてしまったらしい。困る。

ショーは『ボレロ』。
幕開きからラヴェルのボレロで始まって、
始まったとたんに曲が終わったからびっくりした。
それからポエムが読み上げられる。
 「鳩をつかまえようとしたら逃げてしまった」
という節に、その鳩、食べようとしたのかなと想像をめぐらせる。
やっぱりローストかな。
お腹にピラフとか詰めて。
でも鳩って骨が多いんだよねー。
などと思ってる間にその場面が終わった。
私はポエマーには向いてないらしい。

気になった場面がひとつ。
アフリカだ。
キリマンジャロだ。
いろんな動物が踊りはじめて楽しんでいたら
探検隊みたいな人たちが、銃を構えて撃った。
ズドン!
動物たちがいっせいに倒れる。
一瞬の静寂の後に笑顔で蘇るのだけれど。
冗談みたいな場面だけれど。
あの一瞬が、怖かった。
冗談になっていなかった。
きっと何か意味があるのだろうけど私には伝わらなかった。
なんだか草野先生らしくなくて気に触った。

まあいいや。

夢乃聖夏ちゃんが細くなってた。
紅ゆずる君が麗しくなってた。
彩海早矢くんの気張ってる踊ってる姿が、横顔の顎の線が、すごくすごく好きだった。
百花ねえさんはどこまでもかっこよこかった。
英真組長やにしきあい氏や涼さんが出てくると、星組観に来た!って気がした。
歌ってる一樹千尋さんは誰よりも素敵だった。

柚希くんのトップ姿を初めて観た。
2作目だし。
礼音君だし。
堂々としたもので。
でも大人になってトップになって、面倒くさそうな荷物をしょいこんだように見えた。
背負った大きな羽のぶんだけ、身軽さを失った。
それはもしかしたら、若さっていうやつかもしれない。
ソロのダンスをもっと拝みたいと願うのは私だけか。

相手役の夢咲ねねちゃん。
可愛くて、でも甘すぎない。
上品な桜色の和菓子のように、綺麗にまとまった娘役さんの印象でした。
お願いだからあなたは当分どこへも行かないでくださいと願った。

あ、そういえば。
どうしてもわからないのがショーの主題歌。
聞き間違えだとは分ってるけど、
絶対ちがうと分ってるけど。
でも何度でもこう聞こえるのだ。
 「ボレロは、愛。
  ボレロは、祈り。
  ボレロは、サンタ!」
なんでそんなに季節限定なのかと。


追記:
ボレロはサンタじゃなくて「賛歌」らしい。
やっぱりクリスマス関係ないもんなー。
教えてくれた方ありがとう。
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。