駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「宝塚雑談」 2010年 01月 17日 (日) 17:03
ちょっと宝塚を離れているあいだにも、いろんな商品が発売されているようで。
宝塚には直接関係はないんだけれど、いちばん気になったのが、これだ。

ベルサイユのばら万歩計


万歩計だから歩けば歩くほどストーリーが進むのだそうで、
オスカル編・アンドレ編・アントワネット編のシナリオモードがあるとか。
最初に宣伝をみたとき感動しました。
「今宵一夜!」とか
「星が綺麗だ!」とか
「さらば青春のクビキよ!」(なんか違うな)とか
喋ってくれるんだろうか?
馬っ鹿バカしい!
こんなの大好き!
むっちゃ欲しい!

でも、お金払うのは、イヤ。


次。

『宝塚歌劇検定』なるものが行われるそうで。
冗談かと思ってたが本気らしい。
劇団が公式に行うらしい。
まあ、近頃はあちこちで「ご当地検定」が行われているから、その流れかなと思っていたら、
受験料がチケット代より高いうえに
こんなものが発売されていて

 

つまり、あれだな。
商売か。


現実的な見方はさておき、
この検定はファンのあいだにステータスになるのだろうか。
なるのだろうか?
ファンどうしで自慢できんのか、これ?
 「2級受かったよ!」
とか
 「来年こそ1級目指すわ!」
とか?
歌劇に詳しいことが自慢になるような、
薀蓄をたれることに快感をおぼえるような、
そんなマニアックな仲間がまわりにいないので、よくわからないのだが。
基本的には自己満足のため、かな?
意外に男性ファンが多く受験するのかもしれない。

なんて考えてたら、違った。

合格特典
[1級]●宝塚大劇場SS席観劇チケット(1枚)



・・・フッ。卑怯なり、歌劇団。
さすがによくわかって商売していらっしゃる。

ファンに勉強してもらう、知ってもらうためには面白い試みだとは思うけど、
公式にあるような「宝塚歌劇ファン上級者」なんて言葉を使う人が増えたらイヤだなと思う。
ただでさえ、何回見ただの、良い席で観ただのと、変な自慢をする人たちがいるというのに。
ファンに上級も下級もない。
いろんな「好き」があっていい。
カテゴリ: 宝塚雑談
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。