駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「原作」 2007年 04月 04日 (水) 21:20
モーリス・ルブラン
『アルセーヌ・ルパン』シリーズ

2007年宙組
la comedie musicale
『A/L(アール)』
-怪盗ルパンの青春-
作・演出/齋藤吉正

***************************************
 「図書館にはよく行くけど、『ルパン』なんて見たことがない」
と困っている人がいた。
そういう人は児童書の棚へ行けばきっと見つかる。

 

舞台にも出てきた子供時代のルパンの初仕事は
「ぼくの少年時代」とか「女王の首飾り」とかいうタイトルで収録されている。
宝塚版の万引きみたいな話とは違い、ちゃんとしたトリックのある盗みだ。
ちなみにアニエスは出てきません。


さて、ルパンはなにしろカッコいい!
お洒落で女性に優しいのだ。
ついた呼び名が
 「怪盗紳士」
いいねえ。
怪盗、かつ、紳士。
ルパンのイメージそのものだね。
と思っていたら、こんなタイトルの本もあり。

 『強盗紳士

同じ紳士は紳士でも。
強盗っすか。
・・・だいぶイメージが違うなあ・・・。
カテゴリ: 原作
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。