駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「宝塚雑談」 2008年 08月 22日 (金) 17:48
公式HPの『陽月華からのコメント』をようやく読んで、
すごく嬉しかったから何か書こうかと思ったら、もう3日も前の話だった。
くそう。
話題に乗りそびれた。
・・・「おかえり」っていう言葉は9月26日まで取っておこ。

もうひとつ公式で見つけた話題は
 『2009年度からの宝塚大劇場・バウホール公演のチケットのお求め方法について』
だった。
早い話が、『ならび』が無くなるのだ。

『ならび』。
前売り券を買うためにファンが並ぶことだ。
チケットは抽選で、一人じゃ絶対に当たらないから、
私はよく友達かきあつめて集団で並んだ。
家族のいる人はダンナも子供も総動員してファミリーで並ぶ。
お金のある人はバイトを雇って大勢で並ぶ。
ファンクラブさんが団体で並ぶ。
それは、ものすごい数だ。

朝7時になると、JRも阪急も宝塚駅にはおびただしい数のファンが電車を降り、
花のみちを歩いて続々と大劇場に集結する。
大劇場のスタッフが拡声器でもって
 「最後尾はここです!」
とアナウンスしている。
何キロ(?)あるかしれないファンの行列、
昔は駐車場とかファミリーランドの中までぐるぐる並んだものだった。
人ごみに興奮したアシカが「オッオッ!」と鳴いていた。
冬はとっても寒かった。
だが暑かろうが寒かろうが大好きな舞台を観るためと、みんなで頑張って並んでいたら、
浮浪者のおじさんに一言
 「あんたら、ヒマやなあ」
と言われたっけ。
ファンでない人の目にはこの風景はかなり異様に映るらしく、
引っ越してきたばかりの友達に
 「何かお祭りでもあるの?」
ときかれたこともあった。

私も若い頃は登校前によく「ならんだ」ものだけど、
働きだしてからはそうもいかず、
このまえの2月の休みに『ミーマイ』の前売りに並んだのが最後だ。
何年ぶりかの「ならび」だったが、
朝っぱらから数千人も並んでることが可笑しくて、
・・・遊びのために数千人も早起きしていることが可笑しくて、
  「あんたら、ヒマやなあ」
と言ったホームレスのおじさんの言葉がリアルに蘇ってきたものだ。

たしかに異様だけど、
ヒマじゃなかったら並べないと思うけど、
でも、これも楽しい遊びのひとつ。
みんなでワイワイんで、
どきどきしながら抽選を引き、
ぎゃーぎゃー相談しながらチケットを買って、
そのあとみんなで観劇をする。
友達みんなで騒いだ一日。
懐かしいな。
あの頃が。
まあ、必用なものじゃないかもしれない。
でも今までずっとあったものがなくなるのは、いつでもちょっと寂しい。
カテゴリ: 宝塚雑談
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。