駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「なんとなく花のみち日記」 2008年 04月 25日 (金) 22:43
初演も原作も知らないまま観た。
星組ワークショップ『アンナ・カレーニナ』。
まずはワークショップであることを忘れるくらいの舞台だったと言っておこう。
すばらしい脚本で、
すばらしく出演者も頑張ってて、
すばらしく私好みじゃないお話でございました。

主役のヴィロンスキーに麻尋しゅん君。
初日を観た知人が
 「優等生じゃない麻尋しゅんを見た!」
といたく感動していたとおり。
七転八倒ヴィロンスキー。
苦闘苦悶のヴィロンスキー。
自分の殻を打ち破れ!
大きく大きくなるために。
けれどもなぜか、ちょっと、ワル。
カレーニンの代わりに軽く成敗したくなってしまった。

そしてカレーニン。
どこまでもおひとよしだぞカレーニン。
ママはいないけどパパ頑張るよカレーニン。
あたたかいお芝居も良いけれど、
歌いだすと私好みのほっこりさ加減が素敵な美弥るりかちゃんです。
 「ああ、ワークショップなんだな」
と思い出したりもして。

最後にベッツィ。
美しき仕切り屋ベッツィ。
話がこじれるちゃうのは君のお節介のせいだろうベッツィ。
音花ゆりちゃんです。
上級生のお姉さまも活躍する中で、彼女が一番インパクトがありました。
美しい魔女に育ってほしいと思います(絶賛)。
 
どうでもいいけど、ロシアの名前って難しいのです。
祐穂さとる君の役名なんて最後まで聞きとれないまま終わってしまいました。
早口言葉だとしか思えません。
いちばん謎めいていたのは
 「セルフドスコイ」
と聞こえる名前。
セルフどすこい。
力士ですか?
四股ですか?
私の耳が悪いんですか?
そうですか…。
今日は本当に、端席で聞こえ辛かったせいか、
 「アンナ!」
という恋人への呼びかけすら
 「あんた!」
と聞き違える始末でございました。
下町の貧乏夫婦じゃないんだから「あんた」はないだろうよと。
 「あんた、カレー煮な!」
・・・ベタだなあ。
馬鹿ですみません。
 
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。