駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「なんとなく花のみち日記」 2008年 01月 02日 (水) 23:45
きりりと冷えた冬の空。
雲ひとつない澄んだ青。
大劇場の赤屋根の上には、今日も美しい青空がひろがっておりました。
あんなふうにきっぱりとした文章が書いてみたいものです。

2008年。
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

2008年鏡餅
・・・ひび入ってるな、この鏡餅。

元旦こそは逃したものの。
正月二日に行ってきた。
初ムラ詣で。
初詣。

お天気は快晴だというのに大劇場は雪色に染まっている。
いや、水色かもしれない。
大劇場に入ったとたんAQUA5のでっかいパネルがお出迎えだ。
東京で使ったものだろうか。
キャトルレーヴでは、AQUA5のCDはもちろんいろいろなグッズや「六甲のおいしい水」まで山積みで売られているし、
正月早々、商売繁盛このうえない雰囲気である。

そんな雪組さんのお芝居は
 『君を愛してる-Je t'aime-』
まあ。
なんちゅうか。
とっても。
めでたい。
というより、おめでたい。
ポスターのイメージそのままの、明るく楽しく能天気な世界が広がっております。

モテモテ男の水くんと、
威勢のいい姐さん白羽ゆりちゃんと、
なぜそこで歌いはじめる彩吹くん、
トドメを刺すのは雪組のドン・未来優希ちゃん、
アテガキもはまっているようで。
楽しけりゃいい。
タカラヅカだから。
ハッピーならいい。
お正月だから。
終わり良ければすべてよし、
 「でも私ちょっと納得いかない!」
幕間の声は聞かなかったことに。

続いて
 『ミロワール』-鏡のエンドレス・ドリームズ-
 「♪ 鏡の中から声が聞こえてくる~」
合わせ鏡に呪われてるみたいな主題歌のショーである。

全体的な感想は控えさせていただくが、メデューサの場面はおもしろかった。
AQUA5の曲が登場したときには
 「あっ、テレビとおんなじだあー!」
と変な感動に襲われた。
そして思った。
テレビも綺麗だったけど。
やっぱり燕尾がかっこいい。
やっぱり男役がかっこいい。
汗でおでこをテカらせてる水夏希サンも、
やさしく歌う彩吹真央くんも、
出番の増えた音月桂ちゃんも、
ひょろりと男前な凰稀かなめちゃんも、
唇の赤い彩那音ちゃんも、
・・・やっぱり舞台がかっこいい。

2008年が始まって。
今年もいろいろあるかもしれない。
悲しいことも。
辛いことも。
分らないことも。
だけど私はファンだから。
ただの阿呆なファンだから。
楽しむための舞台なのだから。
今年も1年、楽しみましょう、宝塚。
 
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。