駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「なんとなく花のみち日記」 2007年 03月 16日 (金) 01:12
 「大和悠河くんで『ルパン』をやるらしい」
最初にそう聞かされたとき、私は思わずこう答えた。
 「それじゃあ、陽月華ちゃんは峰不二子だな!」
友達は冷ややかに
 「違うよ」
と言った。

アニメじゃない。
3世じゃない。
次元や五右衛門は出てこない。
ルパン・ザ・サードでもルブランの元祖『アルセーヌ・ルパン』でもなかった。
大和悠河はルパン4世。
宙トップ4世。

お披露目公演となったドラマシティ公演『A/L(アール)』。
演出は齊藤先生で。
・・・齊藤先生だというのに。
網タイツもバニーガールも変なカツラも出てこない!
 「そこで殺すなよ!」
とか、
 「あんたまで死ぬんかい!」
とか、
 「ありえねー! 後味、悪すぎー!」
とかもない。
どうした、齊藤吉正。
今回かなりまともだよ!

笑いあり涙なしのコメディ『A/L(アール)』。
楽しい楽しい舞台だった。
お笑い満載。
キャラ満載。
頑張って締めていた敵役・悠未ひろくん、
色々やらされていたワトソン・春風弥里サン、
なぜか赤ら顔の和音美桜ちゃん、
男一匹・銭形平次なガニマールは初嶺麿代サン、
プロフェッショナルな寿つかさ副組長、
などなど、
 「描きこみ不足を演技で埋めろ」
と気合の入ったキャラクターが勢ぞろい。
熱演ぞろい。
熱い舞台だったと思う。

客席もまた熱かった。
なにしろこれがお披露目初日。
開演アナウンスで拍手が沸いて・・・、
拍手が・・・
拍手・・・
拍手と一緒に笑いも湧いた。
みんなのアイドル可愛いタニちゃんが
 「la comédie musicale」
フランス語一生懸命しゃべってるのがそんなに可笑しいか。

可愛い主役の大和くん。
シルクハットにステッキ、マント。
颯爽とあらわれたルパンは修正要らずの美しさをみせてくれた。
きれいになった。
本当にきれいになった。

相手役の陽月華サン。
キャッチフレーズは「いたずら天使」。
強くて変な女の子。
うまいこと使うてもろてます。

2人はとても爽やかで。
微笑ましかった。
今の宝塚はとてもややこしくて、
宙組をみていると特にややこしくて、
組とか組替えとかトップとか、
・・・ワケわかんなくなるけれど。
どの組であれ宝塚は宝塚だ。
同じ山の違うほうを見ているだけだ。
新しいコンビをみてそう思った。
若い2人に、おめでとう。
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。