駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「宝塚雑談」 2007年 12月 07日 (金) 23:14
今年も残すところあと二十日余り。
2008年がもうすぐそこまで迫ってきてる。
来年度ラインナップがまたも発表されており。

まずは雪組大劇場。
荻田浩一氏のショーに正塚晴彦氏の芝居!
なんて気合の入った取り合わせ!
先日うちでとったアンケートでも「期待する演出家」の1位と2位でした。
好きな人ならためらわずにチケットを買える2人でしょう。
しかし大きな期待は必ずはずすのがこの劇団のとりえですから、
この偏ったコンビが吉と出るか凶と出るか・・・楽しみです。

それから月組さんが『華麗なるギャツビー』。
悲劇が観たいと思っていたけど、
すごくいいとは思うけど、
ふん!
日生なんか!
日生なんか!
・・・遠いよ!

関西人だから拗ねてみた。

あと何だっけ?
バウ・ワークショップ、再演シリーズ。
若手たちの華麗なる冒険。
否。
無謀なる冒険。
ホフマン物語に蒼いくちづけにアンナ・カレーニナ、
そしてこんどは『凍てついた明日』!
『恂情』もやるのか。
あえて難しい作品ばかり並べているような。

若手にとってもファンにとっても、これは苦戦を強いられるかもしれない。
すごく大人の話だったり、
主演のキャラが違っていたり。
何より再演ものは怖い。
よっぽど本気で取り組まなくちゃ怖い。
初演の思い出を穢されるような公演なんて、ファンは絶対、観たくない!

難しいと思う。
だからこそ、やるんだろう。
バウだから。
ワークショップだから。
次代を担う若手がいっしょうけんめい頑張るのだから。
だから私も来年は、ちょっと無理して観にいこうかな。

どうでもいいけど、なんで雪組だけ単独主演なん?
カテゴリ: 宝塚雑談
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。