駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「宝塚雑談」 2007年 12月 05日 (水) 23:16
2夜連続のTV出演、
2夜連続の生放送。
いったい何を張り切っているのでしょうか歌劇団。
しかも今夜は 
 『FNS歌謡祭』!
えらいアーティストに混ざって頑張っておられました。

 「秋川雅史+黒木瞳+宝塚歌劇団」。

まずは娘役陣がいかにもタカラヅカな白のドレスで勢ぞろい。
そのセンターに君臨し、最初に歌いはじめたのは、OGの黒木瞳さんでした。
なんて華やかな歌い出し・・・と、感心するやら唸るやら。
次に歌った我らが陽月華ちゃんも負けてはいません!
白羽ゆりちゃんも美しかったです。
ゴージャスな『すみれの花咲く頃』でございました。

続いて男役さんたちが階段を下りつつ踊ります。
びしびしバリバリ黒燕尾!
大和悠河くんがキザり、水夏希サンが必殺の流し目をとばし、AQUA5が並んでいます。
私が黙ってみている横で
  「うっわー、 脚長い! 細い!かっこいい!」
なぜか家族が吠えています。
そのうえ
  「あっちの人はファン向けで、こっちの人が一般視聴者向けだよね!」
冷静にまで分析しています。やたら的確です。

最後は『千の風になって』。
朗々と歌う秋川雅史氏に聴きほれていたら、母が
 「やっぱり本物はうまいね~。
  この曲、下手に歌うとキビシイんだよね」
さらりと言うもんだから、ドキドキしてきました。
大丈夫でしょうか。
大丈夫でしょうか。
大丈夫に決まってるけど、でも、ドキドキ。
秋川氏から歌い継ぐのは彩乃かなみちゃんです。

よかった。
大丈夫だった。

世間的な評価は分りませんが、我が家での評価は
 「可愛くて歌もうまくてさすが!」
歌劇団の面目躍如で、こちらも嬉しくなりました。

こうして歌が終わったわけですが、尚もマイクを向けられているトップさん方。
あ、水夏希サンが話してる。
宣伝してる。
お正月公演のことを話してる。
言うのか!?
言うのか!?
あのタイトルを喋っちゃうのか!?
ひそかに今日一番のドキドキでしたが、杞憂に終わりました。
水サンは公演名を口しないまま
 「タカラヅカらしい作品です。観にいらしてください」
程度で終わらせたから。

『君を愛してる』

・・・言わないで正解、かも。


まあ、舞台化粧はテレビで見るもんじゃない、と思うところも無いとは言えない。
でもしっかりハッキリ分りやすい宝塚だったから。
「宝塚って派手でキモチワルイ」しか知らない人たちが見て、
ちょっとでも印象がよくなっていればいいなあと思いました。
カテゴリ: 宝塚雑談
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。