駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「なんとなく花のみち日記」 2007年 11月 21日 (水) 22:10
新人公演。
そういうものがあることを、半年くらい忘れてた。
近ごろ余裕がなかったから。
行ったらたまたま「今日だ」と言われ。
当日B券、買って観る。
星組新人公演『エル・アルコン―鷹―』

主役をつとめた夢乃聖夏ちゃん。
・・・いい子だなぁ。
素朴で大らかな舞台。
海への野望というよりも、自身が青い深い海みたいなティリアン。
どこかハートフルなティリアン。
 「それ、なんか違わない?」
とか言われても無視。

麻尋しゅんちゃんはルミナス・レッド。
嫌味なくらいしっかり歌い(褒めている)、見事な仇敵、ルミナス・レッド。
微妙に悪役、ルミナス・レッド。
 「それもなんか違わない?」
とか言われても無視。

キャプテン・ブラック(真風涼帆くん)は登場した瞬間に
 「バラクか!」
と思った。
誰かに似ている長い顔。
無邪気で快活、華のある海賊ブラックでございました。

ギルダは稀鳥まりやちゃん。
小柄だけれど元気いっぱい!
力いっぱい!
アグレッシブな女王ギルダ。
大きな声と鋭い動きでティリアンを突き刺してました。

今回の新公で一番驚いたのはジュリエット(音波みのりちゃん)かもしれない。
ジュリエットの台詞かもしれない。
思わず齊藤くんの頭のハタキたくなっちゃうような、あの迷台詞。
それがなぜだか普通に聞こえた。
全然ふつうに。
可愛かった。
キャラが変われば台詞も変わる。
頼りなげで可愛らしいジュリエットでございました。

半年ぶりに観た新公。
とても楽しいものだった。
うまいへたではなく。
きれいカッコイイではなく。
今日の舞台の出来じゃなく。
未来を見つけにいく舞台だった。
未来が楽しみになる舞台だった。
いいもん観させてもらいました。
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。