駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「なんとなく花のみち日記」 2015年 03月 10日 (火) 01:29
舞台はあまり観ていなかったけど、昔から見てきた人が大成するのは嬉しかった。
だから今日、千秋楽のお見送りにいってきた。
さよなら公演も観られなかったけど
最後にみたレオン君のダンスといえば大運動会のダンシング玉入れになるけど
私はこういう形のファンだから
入り待ち出待ちだけはしておきたかった。

2500人もの人々が当日券の抽選にならび
入り待ちを見るために前日の朝から場所取りをした人もいたらしい。

小糠雨のなかの入りは、雨なんかはじきとばしそうな勢いがあった。
宝石箱の神輿に乗ったレオン君は王様みたいに担がれていった。
組子たちがはやしたて、ファンの人たちがいじらしいほど一生懸命に歌を歌っていた。

出のときも冷たい雨が降っていた。
小雨というより大雨だった。
むちゃくちゃ冷えて寒かった。

これでは緑の袴も濡れてしまうだろう。
足袋から雨がしみるだろう。
そんな心配をしたけれど、退団者は雨などものともせず、みんなキリリと美しく去っていった。
愛原さんは背筋をのばし、雨粒をふりとばして去った。
レオン君は、あまりにも清々しく立っているものだから、まるでそこだけは雨が降っていないかのように見えた。
そこだけ太陽が射し、乾いて暖かいように見えた。

お日様のようだった若手は、のびのびと育ち、大きな太陽として卒業していった。
巨星が去って行った。
スポンサーサイト
 「なんとなく花のみち日記」 2015年 03月 09日 (月) 23:54
あれは何年前のことだろう。
 「すごい子がいる」
と、一人の音楽学校生のことが話題になっていた。
 「ほんとにすごいよ!」
舞台をみた人も同じことをいった。
どこに出てるか教えてもらおうとすると
 「見たらすぐわかるよ。一人だけ、ものすっごい踊ってるから」
本当だった。  
ものすっごい踊ってた。
天を掴み空を切り裂くダイナミックなダンスだった。
・・・えっと、研1だよね?
なんだこの異次元空間は。

すべてが大きかった。
ダンスも身長も存在感も、口をあけてガハガハ声をあげる笑い方も。
太陽のような若手だった。

柚希礼音くん。

一番印象的なのは『花の業平』の新人公演。
忘れもしない。
梅若という役だった。
梅若が舞台にとびだしてきただけで、パッと明るくなったんだ。
太陽が顔をだしたみたい!
そう思った瞬間、調子っぱずれな声で歌いだした。
ずっこけた。
「音のはずし方までダイナミックだね」
とみんなで笑った。
ああいう人は端っこに置いておけない。
スターになるしかないのだと、誰の目にも明らかだった。

若いうちはパワー制御できなかったのだろう。
良くも悪くも目立って仕方がなかった。
星組の暴れん坊。
やんちゃくれのいたずら坊主。
そんなレオン君が好きだった。
ザネリが好きだった。

「王家に捧ぐ歌」の新公ラダメス。
「タカラヅカ絢爛」の蛇のダンス。
プリセツカヤ振付のダンス。
だんだんとパワー制御ができてくる。
少年期が終わりに近づいてくる。

歌えるようになるともう無敵だった。
『スカーレト・ピンパーネル』のショーヴランは感動的だった。
 「踊ってないのにすごい!」
と誰かが言った。
巨大男役・柚希礼音が完成した。

レオン君がトップになったのと、私が宝塚から離れたタイミングがちょうど同じだった。
トップ姿は数えるほどしか見てない。
若い頃しか知らない。
何を見ても
 「まあ、あのヤンチャ坊主が大きくなって」
と近所のおばちゃんの心境で感心するばかりだ。

舞台はあんまり見ていなかったけど、ビッグなスターになっていることは知っていた。
わかっていた。
音痴の梅若のときから。
太陽のようなトップスターになって、舞台と客席を照らし出すに違いないと。


copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。