駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「なんとなく花のみち日記」 2013年 04月 20日 (土) 20:37
なんだかいろいろ煮詰まって。
たどり着いたら宝塚。
ここが私の帰る場所。
雪組公演『ベルサイユのばら』。

まずは、ともかく。
壮一帆くんトップおめでとう!
私がよく観ていた頃の壮くんは、まるで竹みたいな男役だった。
まっすぐで硬くて節がある。
若竹は壁にぶつかりしんぼうしてしんぼうしてそれでも硬さを失わず、燻されたように輝くフェルゼンになった。
冷静沈着なフェルゼン。
頭よさそうなフェルゼン。
理屈こねてるフェルゼン。
スウェーデンに帰国したのはメルシー伯に諭され流されたからではなく、ちゃんと自分で考えて納得したから帰国した、ように見えた。
そんなフェルゼンが、楽しげに馬車にのってムチをふりまくる
 「ゆ・け・ふぇるっぜーん」
の歌が、頭から離れません。

アンドレ未涼さん。
猫系アンドレ。
足音もなく忍び寄る。
常に背後から忍び寄る。
そして何かを狙ってる。
そのくせ髪がふわふわだ!
ああ、もふもふしたい。
フェルゼンとアンドレが並ぶと異様なくらいの安定感がございました。
 「耐震構造」
って言葉が頭に浮かぶ。

オスカル早霧せいなちゃん。
若くて美人のオスカルだった。
三十路には、とても見えない。

ごめん。
3人しか名前わからない。
アントワネット様が非常にお上手であらせられました。


さて、全体の感想は以下に隠しておきます。
けっこうぼろくそです。
ぼろくそですが、けっして貶しているわけではありません。
ひねくれた賛辞です。
怒らない傷つかない自信のある方のみ続きを読んでください。
(無粋な書き込みは無視します。)
≫ 続きを読む...
スポンサーサイト
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。