駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「なんとなく花のみち日記」 2010年 01月 29日 (金) 22:39
次の娘役トップが決まったらしい。
よその組から来るらしい。
顔も名前もまったく知らないひとだから
コメントすることが何もない。
いったい、宝塚ファンのうち何パーセントが彼女を認識できるのだろう?
 「顔と名前が分る人、手を挙げて!」
ってアンケート取りたいけどあからさまに失礼なのでやめておく。

未知数なのは、良いことだ。
良い子だといいね。
よくわからないけどおめでとう。

以上。

次。

本題。

生まれて初めて『OGの舞台』を観にいった。
私は『外』の舞台は観ない。
どんなに好きなスターさんでも、卒業したら、さようなら。
そう決めていたのだけれど。
 「春野寿美礼を観にいこう」
と誘われて。
どうしても歌が聴きたくなって。
歌が。
あの歌が。
聴きたくて。
とても聴きたくて。
梅田で観てきた。
『ファニー・ガール』。

ブロードウェイ・ミュージカルのコメディだそうだが
正直、笑えないコメディほど痛々しいものはない。
ブロードウェイの笑いと
東京の笑いと
関西の笑いは
きっとぜんぶ違うのだろう。
正塚晴彦らしいテンポよくクスリと笑える台詞はたくさんあったのに。
・・・悪いけど、どうしていいか分らない。
困ってしまう一場面が強烈すぎた。

それにしても橋本じゅんさんが巧かった。

そして剣幸さん。
ちゃんとした舞台を観るのは十数年ぶりだけれども
出てきたとたん一瞬にして
 「ウタコさんだ!」
と見つけられる。
今日はコンタクトもしていないのに。
不思議なものである。

春野さんは19歳の少女から始まって
恋して結婚して離婚して
とっても・・・女で。
虚飾と魔法の解けた舞台姿に
私は予想どおり、特別な興味も感慨ももつことはなかった。

だけど
歌いだすと春野寿美礼だった。
私の聴きたいような歌はなかったけれども
それでも春野さんの歌だった。
女声で高音域になり
天まで抜けゆく声だった。
それで十分だったのだ。

終演後
 「オサさんがどこを目指しているのかまだわからない」
とファンが呟いた。
劇団にいるあいだは進むべき道は一本道だが
出てしまえば、そもそも道なんてものが存在しない。
どのジャンルに進むのか。
進んでいけるのか。
退めてからのほうがよっぽど大変かもしれない。
良い歌手になってほしいねと話した。
また、あの歌をいつかどこかで聴けますように。
スポンサーサイト
 「なんとなく花のみち日記」 2010年 01月 25日 (月) 19:13
来たぞ。
ついに来た。
半年ぶりの大劇場。
ふわふわドレスと付け睫毛、
イミテーションでデコレーションでキラッキラの世界。
夢の世界への扉が、半年ぶりに今、まさに開こうとしている!!
 「うっ!」
自動ドアが開いた一瞬、むせかえる香水と女くささにひるんで帰ろうかと思った。

いかんいかん。
帰っちゃいけない。
今日は観るのだ。
友達と観るのだ。
何組を観るのだ?
 「星組や!」
なんか分らんうちにチケット買ってたよ。

続きは、ネタバレ嫌いな人と怒りっぽい人は読まないでね。
 「なんとなく花のみち日記」 2010年 01月 22日 (金) 23:29
待ってろ大劇場。
もうすぐ、観にいくから。

トイデジで大劇


ミナコちゃんが退めるらしいね、って、またメールがきました。
ミナコちゃんて誰かわかんないので調べたら、またトップさんでした。
・・・また、雪組さんでした。
愛原実花さんでした。

大人の事情が、そら恐ろしいです宝塚。

 
 「宝塚雑談」 2010年 01月 19日 (火) 19:30
公式にラインナップが出てた。
気になる夏の雪組公演は、正塚晴彦作演出の『ロジェ』。
水さんのタイトルロールで。
影のある正塚作品で。
たくさんたくさんのものを、残してくれるに違いない。
台詞にも眼差しにも下級生の小芝居ひとつひとつのどれをとっても、
思いをこめた舞台となるに違いない。

ただ。
一言いいか。
あらあすじについて、一言いいだろうか。

 「国際的な捜査機関に所属するロジェとヒロインは、」

『ロジェとヒロインは』

ヒロインの、名前くらいは決めてやれ。

(もしかしてヒロインっていう役名だったらゴメン。)
カテゴリ: 宝塚雑談
 「宝塚雑談」 2010年 01月 17日 (日) 17:03
ちょっと宝塚を離れているあいだにも、いろんな商品が発売されているようで。
宝塚には直接関係はないんだけれど、いちばん気になったのが、これだ。

ベルサイユのばら万歩計


万歩計だから歩けば歩くほどストーリーが進むのだそうで、
オスカル編・アンドレ編・アントワネット編のシナリオモードがあるとか。
最初に宣伝をみたとき感動しました。
「今宵一夜!」とか
「星が綺麗だ!」とか
「さらば青春のクビキよ!」(なんか違うな)とか
喋ってくれるんだろうか?
馬っ鹿バカしい!
こんなの大好き!
むっちゃ欲しい!

でも、お金払うのは、イヤ。


次。

『宝塚歌劇検定』なるものが行われるそうで。
冗談かと思ってたが本気らしい。
劇団が公式に行うらしい。
まあ、近頃はあちこちで「ご当地検定」が行われているから、その流れかなと思っていたら、
受験料がチケット代より高いうえに
こんなものが発売されていて

 

つまり、あれだな。
商売か。


現実的な見方はさておき、
この検定はファンのあいだにステータスになるのだろうか。
なるのだろうか?
ファンどうしで自慢できんのか、これ?
 「2級受かったよ!」
とか
 「来年こそ1級目指すわ!」
とか?
歌劇に詳しいことが自慢になるような、
薀蓄をたれることに快感をおぼえるような、
そんなマニアックな仲間がまわりにいないので、よくわからないのだが。
基本的には自己満足のため、かな?
意外に男性ファンが多く受験するのかもしれない。

なんて考えてたら、違った。

合格特典
[1級]●宝塚大劇場SS席観劇チケット(1枚)



・・・フッ。卑怯なり、歌劇団。
さすがによくわかって商売していらっしゃる。

ファンに勉強してもらう、知ってもらうためには面白い試みだとは思うけど、
公式にあるような「宝塚歌劇ファン上級者」なんて言葉を使う人が増えたらイヤだなと思う。
ただでさえ、何回見ただの、良い席で観ただのと、変な自慢をする人たちがいるというのに。
ファンに上級も下級もない。
いろんな「好き」があっていい。
カテゴリ: 宝塚雑談
 「宝塚雑談」 2010年 01月 15日 (金) 20:37
先日、そろそろ舞台でも見ようかと思いたったとき。
ファンの子にきいてみた。
 「最近の宝塚って、どう?」
そしたら返ってきた答えが
 「大変だよ、もう!」

大変なんですね。
相変らず。
いつもどおりに。

以下の文章は、だいぶくどいよ。

 
カテゴリ: 宝塚雑談
 「宝塚雑談」 2010年 01月 14日 (木) 19:26
久しぶりに公式をあけた。
ヤフーで「宝塚」で検索をしたら間違えてフラッシュ版のトップページを開けてしまった。
かなりウザい。
しくじった。

で。
HTML版を開けたら!
いきなり目に飛び込んできた。
 「雪組トップスター・水夏希、退団のお知らせ」
の文字が。
 「2010年9月12日東京公演千秋楽をもって退団することとなり」
いきなり、これかよ。

彩吹真央さんが退団発表をしたことは聞いている。
だが水さんは知らなかった。
4月で2番手が退めて。
9月にトップが退める。
順番が変なことになってる気がするけれども、今はそこは置いておいて。
残ってるのは、誰?
全然わかんない。
まあいいか。
水さんが退める。
今はそっちが大切だ。
水さんが、退める。

水夏希。
頭も身体もスマートな
水もしたたる男役。
魔力を宿した流し目と
スタイリッシュな影法師。
スーツ姿で独りで踊る、その一瞬のためにでも
劇場へいく価値がある。
そんな男役が退めるのだ。

時代が動く。
大きく、早く。
流れていくのだ。
次の時代に。
・・・水さんが退める。
最後の一人が退めていく。(何が最後かは口が裂けても言えません。)
 
カテゴリ: 宝塚雑談
 「お知らせ」 2010年 01月 14日 (木) 16:40
皆様、お久しぶりでございます。
本日1月14日~2月14日まで、『駄らだら、たからづか。』を再開します。
とはいえ去年の7月以降、半年以上ものあいだ大劇場に入ったこともないのですが。
今月中にはなんとか!
観るぞ!
来週こそは!
でなければ再来週!

ちなみに今って何組公演?
ちなみにトップって誰?
チケットって取れるの?
・・・宝塚ファン、やりなおし。

なんにも見てないのでネタはないかもしれませんが
去年やめた人たちのことを思い出して書き留めていきたいと思います。
短期間ではございますがよろしくお願いします。
カテゴリ: お知らせ
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。