駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「なんとなく花のみち日記」 2008年 09月 30日 (火) 23:56
秋雨に傘をさし行く花のみち。
急げ急げと、水たまりなどなんのその、足は自然に速くなる。
早く早くと。
初日の幕は4日も前に開いている!
・・・いや、いまさら急いでも仕方がないんだけどね。
やっと言えるから。
とうとう言えるのが嬉しいから。
2月に休演を知ってから7ヵ月間、
ずっと待ってて、
ずっと言いたかったこの言葉を。
 「おかえり、陽月さん!」

無駄に急いで開演2時間も前に着いた大劇場。
宙組公演はまず『Paradise Prince』から。
ポップでキュートな現代劇。
青春劇。
叶わない夢はない!
頑張れ若者!
夢をみろ若者!
決してあきらめるな若者!
言葉の綾を真に受けるなよ若者!
「現実は甘くない」と3回も4回も言いながら
話はだーいぶ甘かった。

専科の2人だけが例外的にリアルでほろ苦い味を出していたけれども。
現代的なプリンス大和悠河くんに、
頑張り屋の陽月華ちゃん、
隅っこのほうで一人ではじけている北翔海莉くん、
カッコよすぎの蘭寿とむくんは、
ステキすぎて妖しすぎて出てきただけで笑いを誘う。
誰が誰だかわからないけど、舞台の端々まで楽しいキャラが満載だった。

後半は『ダンシング・フォー・ユー』。
スタンダードでベーシックでシンプルなショー。
オプションがぜんぜん無かろうが、
全部どこかで見たことあるぞ系だろうが。
そんなことはどうでもいい!
陽月さんが踊ってた。
鎖骨むきだしで踊ってた。
元気いっぱいで踊ってた!
太陽のように輝きながら、
稲妻のように駆け抜けながら、
けれど今までよりちょっと柔らかい風を漂わせながら。
作品はどうあれ、
元気に踊っているウメさんを観ていればそれだけで幸せになっちゃうのだと、
友達がメールで言ってよこした。

結局、今回の見所はアニメじゃなかった。
デベソ王子の動画は私にはどうでもよかったから。
それよりもトップ2人の歌に心惹かれた。
・・・ある種の歌フェチであることは認める。
芝居での陽月華ちゃんの絶唱などは
 「どこまで高音歌わすねん!」
と、自然と顔がほころんでしまう。
にやけてしまう。
宝塚でもピカイチの和み系プリンス・大和悠河くんの癒しパワーは
陽月さんと2人になると相乗効果をもたらすらしい。
音程がなんだ?
発声がなんだ?
うまいへたを論じるようなら、とっくにファンをやめている。
大階段のまんなかで、大和くんはとってもいい歌を歌ってたんだ。
君に会える日をずっと待っていたよ、と。
・・・復帰おめでとう、陽月さん。 
スポンサーサイト
 「宝塚雑談」 2008年 09月 23日 (火) 19:50
友達からメールが来たとき、
 「冗談だろ」
と思った。
次に 
 「きっと石田先生の仕業だな」
と思った。
だけど、公式サイトをあけてみたら、違った。

  『バウ・ロマン 逆転裁判』
  脚本・演出 鈴木圭
  主演・・・(宙組) 蘭寿とむ

私もハマったことがある、推理ゲームの『逆転裁判』。
 
一番左が主人公。

たしかにゲームはおもしろいけど、まさかタカラヅカでやろうとは!
本気かよ歌劇団。
客席に
 「異議アリ!」
とか言われたらどうすんの。

などと思っていたのだけど、ヤフーのニュースを読んだらもう、
・・・楽しくなってきちゃった。
実は今日、すごーく落ち込むことがあったのだが、
真面目な顔でナルホド君を目指している蘭寿とむ氏を見たら、元気がでた。
どんな仕事でも頑張ろうって思った。

突っ込みどころ1000%の作品に、今から期待大。
思う存分、笑わせてくれ鈴木圭。
2月はものすごく忙しいんだけど、なんとか、なんとか、なんとか観たい!
カテゴリ: 宝塚雑談
 「ネタバレ!」 2008年 09月 19日 (金) 18:14
今回は半笑いでつっこみたくなるような作品ではないので、
ネタバレ書くつもりもなかったのですが。
・・・まあ、ちょっとだけ。
  
カテゴリ: ネタバレ!
 「宝塚雑談」 2008年 09月 14日 (日) 22:55
  「スタッフは生徒と違い、退団時に告知はない。」
そう言っていた演出家がいた。
 「近頃みないね、と思ったら退めている。」
まあ実際そんなもんだろう。

ところが、今回は違った。
スポニチだったっけ? 載ってたの。
 「演出家・荻田浩一が今回の雪組公演『ソロモンの指輪』で退団する」
ふつうは地味に消えていく演出家の退団がこんなふうに知れ渡ったのは、
メディアの発達のおかげ・・・ではなく、
やっぱり荻田浩一氏だからだろう。
カテゴリ: 宝塚雑談
 「なんとなく花のみち日記」 2008年 09月 01日 (月) 21:36
よく晴れた。
青空だ。
のんびりゆっくり、遊びにきたよ。

青空の大劇場

やたら敷地が広いのも大劇場の魅力のひとつ。
いっちょ、探検してみよう。
(この記事に舞台の話はありません。画像だらけです。)
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。