駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「ネタバレ!」 2007年 11月 29日 (木) 22:53
(1)はこちら
(2)はこちら
(3)はこちら

私が出かけようとすると、姪っ子(5才)は毎朝のように
 「たからづかにいくの?」
と必ずきいてきます(やっと『宝塚』が言えるようになりました)。
 「きょうも、たからづか、みるの?」
仕事に行くんだと言ってもなかなか信じてもらえません。
毎日観れたらいいのにねえ。

この姪っ子とは宙組さんを観にいったことがあり、今日も
 「たからづか、みにいこうよー」
とせがまれました。
今つれて観にいくとすれば『エル・アルコン』か。

あのセリフも・・・
あのセリフも・・・
あの場面も・・・観せられない!
家で「宝塚ごっこ」とかされたら困る場面ばっかりやん。
余談はさておきネタバレの続きは「続きを読む」からどうぞ。
≫ 続きを読む...
スポンサーサイト
カテゴリ: ネタバレ!
 「宝塚雑談」 2007年 11月 29日 (木) 00:57
ネットde宝塚』さんが毎年やってる「宝塚ファン指数」。
アナタのハマリ偏差値をお調べします。
平均値は「50」だそうですが、

一昨年、私は「64」でした。
昨年は「42」でした。
そして今年は「40」でした。
スカステ抜けたら来年は35くらいになる予想です。
・・・ファンとはいったい何なんでしょうか。

久しぶりにクリスマスCDなんか出たんですね。
ジェンヌが歌うクリスマス♪
仏教徒でもクリスマス♪
 CHRISTMAS PRESENT(初回生産限定盤)(DVD付)
1991年のときはすぐさま買って、聴きまくっていたわけですが。
今年は
  「へえーそうなんだー」
・・・指数「40」だけのことはある。
ファンってやっぱり、観劇回数よりも情熱と財力だよ。

それはさておき。
劇団の公式をあけて雪組公演特設サイトをあけて、プロモーション映像をあけたら、
口が開きっぱなしになってしまいました。

まっすぐ真面目な水夏希。
まっすぐキメて水夏希。
まっすぐ見つめて愛の告白。
  「君を愛してる」 
  「君を愛してる」 
  「君を愛してる」
たまらんな~。
・・・いろんな意味で。

来週、歌番組に出るときも、この公演名がお茶の間で連呼されるんでしょうか。
キムシン初のオリジナル。
いったい何が出てくるのやら、かなり楽しみです。
カテゴリ: 宝塚雑談
 「ネタバレ!」 2007年 11月 24日 (土) 22:06
(1)はこちら
(2)はこちら

こないだ2回目をみたら、なんとかセリフが聞き取れました。
なんとなく話がわかったような気がしました。
なんとなくなので、保障はできません。
カテゴリ: ネタバレ!
 「なんとなく花のみち日記」 2007年 11月 21日 (水) 22:10
新人公演。
そういうものがあることを、半年くらい忘れてた。
近ごろ余裕がなかったから。
行ったらたまたま「今日だ」と言われ。
当日B券、買って観る。
星組新人公演『エル・アルコン―鷹―』

主役をつとめた夢乃聖夏ちゃん。
・・・いい子だなぁ。
素朴で大らかな舞台。
海への野望というよりも、自身が青い深い海みたいなティリアン。
どこかハートフルなティリアン。
 「それ、なんか違わない?」
とか言われても無視。

麻尋しゅんちゃんはルミナス・レッド。
嫌味なくらいしっかり歌い(褒めている)、見事な仇敵、ルミナス・レッド。
微妙に悪役、ルミナス・レッド。
 「それもなんか違わない?」
とか言われても無視。

キャプテン・ブラック(真風涼帆くん)は登場した瞬間に
 「バラクか!」
と思った。
誰かに似ている長い顔。
無邪気で快活、華のある海賊ブラックでございました。

ギルダは稀鳥まりやちゃん。
小柄だけれど元気いっぱい!
力いっぱい!
アグレッシブな女王ギルダ。
大きな声と鋭い動きでティリアンを突き刺してました。

今回の新公で一番驚いたのはジュリエット(音波みのりちゃん)かもしれない。
ジュリエットの台詞かもしれない。
思わず齊藤くんの頭のハタキたくなっちゃうような、あの迷台詞。
それがなぜだか普通に聞こえた。
全然ふつうに。
可愛かった。
キャラが変われば台詞も変わる。
頼りなげで可愛らしいジュリエットでございました。

半年ぶりに観た新公。
とても楽しいものだった。
うまいへたではなく。
きれいカッコイイではなく。
今日の舞台の出来じゃなく。
未来を見つけにいく舞台だった。
未来が楽しみになる舞台だった。
いいもん観させてもらいました。
 「なんとなく花のみち日記」 2007年 11月 21日 (水) 14:25
秋も深まり観光シーズン。
バスを連ねてやってくる。
修学旅行でやってくる。
高校生がやってくる!
私の愛するB席は学生服の若者達ににすっかり占領されていた。
開演5分前。
先生VS生徒の戦いが始まる。
 「3人足りません! 3組と4組です!」
 「探せ!トイレもだ!」
 「・・・トイレにもいません!」
 「畜生、フケやがったなー!」
フケるくらいなら高校生よ、そのチケットを私におくれ。

バスを連ねてやってくるのは学生ばかりではない。
いろんなツアーでやってくる。
オバちゃんたちがやってくる!
私の前の通路を
 「はい、太いのが通ってごめんなさいよ~」
と入ってきたオバちゃん達。
どうやら座席を間違えていたらしく、係員に
 「チケットを見せてください」
と要求されている。
その時点ですでに芝居の幕は開いていた。
舞台で少年ティリアンが何事か叫んでいる間に、必死でバッグを探すオバちゃんたち。
 「あら~。私チケット失くしたわ」
 「私も失くしたわ」 
 「私も失くしたわ」
 「もっかい探してみるから、ちょっとお姉さん、その懐中電灯かしてぇな」
 「・・・悪魔めえええええ!」
にしきあい氏の雄叫びが、ちょうどいい間に割り込んでくる。
ようやくチケットが見つかって、
 「皆さんひとつずつ左にズレてください」
と係員が言う。
セリ上がってきた安蘭けい氏が情熱的に歌いだし、
 「♪エル・アルコーン、エル~アールコーン!」
 「ほんまややこしなー」
あんたが一番ややこしいわ!

お願いです、おばちゃん。
5分前には着席してください。
座席はちゃんと確認してください。
チケットは失くさないでください。
それに、頼むから私をそんなに笑わさないでください!

おもろい人がおるなあと、私は笑っていられるけれど、
姿勢を正して観ていた隣席の人は激怒100%状態だったから。
・・・次こそ新公の記事を書こ。
 「宝塚雑談」 2007年 11月 20日 (火) 21:55
久しぶりに新公を観ていい気分で帰ってきて、
・・・さあ!
・・・書くぞ!
とPCを立ち上げてみると
 「矢代鴻さん退団」
の報せが。

いや、知ってたけど。
多分みんなが知ってたと思うけど。
本人が自分で言っちゃってたから。
 「宝塚の賞味期限も間近です」
って。

近頃の世の中は賞味期限問題でいろいろ騒いでいるけれど。
いったい誰だよ、夢の世界に賞味期限なんて持ち込んだのは!
 「賞味期限=味と品質が充分に保てると製造業者が認める期間」
シビさん、まだまだ美味しく食べられるよ!
味も品質も保証つき!
・・・賞味期限の長さは食材によって変えるべきだと思うんだけどね。

最後の舞台は観にいけないと分っていたから、代わりに9月のエンカレを無理して観にいったのだけれど。
それでもやっぱり悔しいものだ。
これは!というものを観にいけない、自分自身が情けない。

最後の舞台は荻田作品。
荻田先生のことだから、観客にとってもきっと忘れられない歌を、心に刻みつける歌を、残してくれることだろう・・・。
カテゴリ: 宝塚雑談
 「携帯から」 2007年 11月 20日 (火) 17:59
花のみちを歩いていると、知ってる声が聞こえてきた。
「お元気そうでなにより…」
振り向けばすぐそこに、懐かしい顔。
元星組の朝澄けいちゃんだ。
昔とおなじ柔らかな声で
昔よりもっと優しい声で。
目を糸にして微笑みながら、知ってる人と話してた。
「お元気そうでなにより…」

貴方もね。
お元気そうでなにより。
カテゴリ: 携帯から
 「お知らせ」 2007年 11月 14日 (水) 18:13
8月9月10月と。
私にしては頑張って早いペースで更新してきたわけですけれども。
11月になって更新ネタが見つからず困っていたりします。

星組のネタバレの続きを書こうとしたら、
 「続き、忘れたワ。」
私の記憶力は1週間しかもたないし。

ネタを探しに公式サイトへ行ったけど、
雪組と月組の「公演特設コンテンツ」なるものを見て、
 「ピンクもハートも苦手なのよ私。」
しんどくなって早々に退散するし。

アクア5のお台場イベントの告知を見ても、
 「遠いな」
以外にコメントが浮かばない始末。

・・・毎日宝塚ネタでブログ続けてる人ってすごいなあ。

ということで。
以前にリクエストがあったものをひとつ。
ブログに移ってからのカテゴリ『ネタバレ』を一箇所にまとめてみました。
 「ネタバレ部屋
サイドメニューからも飛べますが、旧サイトなんで携帯からは厳しいと思われます。

誤字脱字を訂正しようと試みましたが、
・・・つくづく長文は苦手だな私。
自分の書いた文章を読みかえすうちに退屈で寝てしまった。
カテゴリ: お知らせ
 「ネタバレ!」 2007年 11月 08日 (木) 18:31
(1)はこちら

『エル・アルコン』。
短いタイトルなんだけどなあ。
年のせいか、片仮名が苦手なせいか、なかなか口から出てきません。
よく間違うわけです。
 アルエルコン?
 アルアルコン?
 エルアコルン?
・・・誰や~今「エロ・アルコン」言うたんは。
 
カテゴリ: ネタバレ!
 「宝塚雑談」 2007年 11月 05日 (月) 21:32
来年2008年のカレンダー。
どちらを買おうか迷っています。
宝塚ステージカレンダーか、日本の仏像カレンダーか?
真剣に悩んでいたら
 「その悩み方はおかしい」
と言われてしまいました。
なんでやろ。
似たようなもんやん、私に安らぎをくれるモノってことで。

それはともかく来年のラインナップがまたチョロリと出て参りました。
毎回小出しで細かいね。

輸入ミュージカルよりも再演よりも、私が一番びっくりしたのは、これ。

○花組 大劇場・東宝
宝塚ミュージカル・ロマン
『愛と死のアラビア』-高潔なアラブの戦士となったイギリス人-(仮題)
原作/ローズマリ・サトクリフ
脚本・演出/谷正純
山本史郎訳「血と砂」(原書房刊)を参照

・・・サトクリフ!
ファンタジーの大御所じゃないか。
この本はファンタジーじゃないけど、宝塚でサトクリフが原作の舞台を観られるとは思わなかったなあ。


○星組 大劇場・東宝
ミュージカル
『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』

・・・英語、わかんない。
と思ってたらこれは「紅はこべ」の話なんですね。
良い歌がいっぱいなんだろうな。
単純に楽しみです。

・・・梅田もバウも中日も、たぶん全然みれないので、あとはパス。
カテゴリ: 宝塚雑談
 「ネタバレ!」 2007年 11月 04日 (日) 20:00
セリフも歌詞も、役名すらも。
あんまり聞こえなかったんで。
話が分っておりません。
ツッコミ方すら分りません。
分らないまま、見たまんま。
とりあえず書き始めてみました。

原作ものですが、今回は敢えて、
舞台で見たこと(見えなかったこと)のみを書いています。
・・・野暮はご容赦下さいませ。
カテゴリ: ネタバレ!
 「なんとなく花のみち日記」 2007年 11月 02日 (金) 22:37
猛烈なテンションで過ごした花組千秋楽から4日。
たったの4日。
まだ春野さんの歌を聴くたびに心の片隅がじくじくしてくる。
指先のちいさな火傷がうずくみたいに。

だがいつまでもそんなこと、言っていられるわけがない。
時間は流れる。
淡々と。
今日またひとつ新しい作品の幕が上がるのだ。

行くぜ! 星組!
 『エル・アルコン―鷹―』
有名漫画が原作で、
かっこいいポスターで、
力いっぱい広告だしてた、
イヤでも期待しちゃうじゃないか。
たとえ演出が齋藤吉正くんだとしても!

そんな作品の幕が開き。
・・・幕が下り。
 「なんじゃこりゃ?」
と友達が言った。

つっこみどころがありすぎて。
つっこむ気力も失せてしまった。
とにかく時間が足りないらしい。
長い話を切り刻み、1分1場面ペースの猛ダッシュで通りすぎる早送り劇場。
説明は、省略。
なんでそうなったのかも、省略。
省略のテンペスト齊藤吉正、彼の作品に理屈は通用しないのだ。
誰が誰だか、どこの国の人間なんだか、分った頃にはもう死んでいた。
・・・原作はきっと面白いんだろうに。

それでも齊藤マジックで。
なぜだか変に楽しいのである。
衣装はスゴイし、台詞もスゴイ。
ラブシーンなんかものすごい!
箙かおるのプライジングか、安蘭けいのティリアンか!
分る人にしか分らないネタだが、安蘭サンの役はそれくらいダーティだったということだ。
ダーティすぎてただの殺人鬼に見えたとしても、それは齊藤くんの脚本のせいである。

対する柚希礼音くん。
黒に対する白である。
爽やか青年・柚希くん。
和涼華くんとの場面はさしずめ少年野球のピッチャーとキャッチャー。
 「キャプテン!」
とか呼ばれてた。

遠野あすかサンは炎の女。
強いけど。
かっこいいけど。
とっても女。

一場面一場面は好印象。
なのに話がつながらないのはなぜだろう?
・・・あ。
思い出した。
齊藤吉正作品は、ショーだと思って観るのが基本なのだった。

ショーは
 『レビュー・オルキス―蘭の星―』
タンゴだった。
タンゴでタンゴで、タンゴのダンゴだった。
タンゴ好きには良いであろう。
印象的な「クラブ・オルキス」。
柚希くんを顔で食べてしまいそうな涼紫央サンが強烈で
 「きゃあ!逃げて!」
って言いたくなりました。

次はいつ観られるかなあ・・・誰と観るかな。
 「携帯から」 2007年 11月 02日 (金) 17:13
斎藤先生、やっちゃったあ。
カテゴリ: 携帯から
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。