駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。
 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「なんとなく花のみち日記」 2007年 10月 29日 (月) 23:02
花組らしい「入り」だった。
花組応援団による「入り」だった。
・・・朝のことはよく覚えている。
ショッキングピンクの学ランに『花乱舞!!』と書いた真飛聖サンの背中。
アップの髪に黒サングラス、ツッパリ衣装があまりにも似合ってなくて可愛かった桜乃彩音ちゃん。
そしてみんなで黒服を着て、「休め」の姿勢でビシリと整列する花組生たち!

春野サンが車から降り立ったとたん、ファンの歓声が花のみちに炸裂する。
白のスーツだ。
男役8人がかりで担ぐ、大きな神輿の上に乗り、ファンの間を練り歩く。
手を振り。
笑い。
キザって脚を組むのも忘れない。

春野サンがお神輿から下り、お立ち台にのぼると、
組子たちが『表彰式の歌』をハミングで歌いはじめた。
拡声器をもった真飛サンが言う。
 「表彰状。春野寿美礼どの!
  あなたは花組主演男役として、数々の涙と笑い、幸せをもたらしてくれました・・・ウフッ♪」
何がウフ♪ だか知らないが。
真飛サンはけっこう喋った。
曰く、3年前の大運動会で、あんなにも表彰状を受け取る練習をしたのに優勝できなかった。
このままでは貴方が可哀想だ。
そこで
 「運動会の1位は逃しましたが、タカラヅカでの1位を讃え、宝塚大劇場卒業証書を送ります!」
と。
だけど、卒業証書は見えなかった。
金メダルも見えなかった。
フリをしていただけなのである。
それでも春野サンは、目には見えない賞状を受け取り、目には見えないメダルを首にかけ、メダルを噛むフリまでしてそれに応えた。
ファンが喜んでわあっと声をあげた。
だから、そこにはあったのだ。
見えないものがあったのだ。
賞状も。
メダルも。
みんなの気持ちが生み出したもの全部。
一番大事なものはいつだって、目には見えないものだからだ。
 「私達はみんな貴方についていきます!」
組子の声がそろった。
 「おさちゃんサイコー!」

春野サンは、笑って笑って、体がくの字に曲がるまで笑って、
にこにこ笑いながら真飛サンの頭をなでた。それから抱きしめた。
笑顔で。
笑顔で。
笑顔で。
みんな笑顔で。大好きで。幸せだった。

組子たちが引っ込むとき、お立ち台と拡声器を持っていってしまったため、ファンの間から嵐のようなブーイングが起こった。
真飛サンと桜乃サンが慌ててお立ち台を持って引き返してきた。
えらい低姿勢なのが可笑しかった。
ファンの人たちは声をそろえて
 「最後の舞台、しっかりと目に焼き付けます!」
と言っていた。

目に焼き付けるのはファンのすること。
することがない私達は、公演のあいだ暇つぶしの遠足に出かけた。
終演予定は5時20分。
実際には5時半をまわっていただろう。
けれどスポニチの号外が出たのは、5時18分のことだった。
・・・ずいぶん早いんだな。

それから出待ちが始まるのだが。
申しわけないけど、覚えていない。
カスミ草とヴィオラの花道も真紅のオープンカーも、何もかもすべて、
現実みたいじゃなかったからだ。
夢みたいに過ぎ去ってしまったからだ。
いつもなら少しでも記憶に残しておこうと思い、頭の中がたくさんの言葉でいっぱいになるのに。
今日はどんな言葉も浮かばなかった。
柔らかな笑顔が通りすぎ、きっちり撫でつけた後ろ頭が視界から消えてしまうまで、
私はただ、夢中になって拍手をし、ファンの人たちと一緒になって手を振っていた。
おさちゃんありがとうと言ってみた。
冷静じゃいられなかった。
・・・ああ、私もヤキがまわったなあ。

ただ、覚えてる。
遠く白い花のアーチをくぐって春野サンの姿が見えたとき、群集の中から
 「あれがオサさん?
  なんか雰囲気が違う。べつの人みたい」
という声があがったことを。
ひょっとしたら、その言葉が一番的確な表現かもわからない。
退団者として現れた春野サンは、緑の袴といっしょに、信じられないくらい美しい空気をまとっていたからだ。
尊いような空気だった。
ものすごい歓声にかこまれているのに、そこだけ安らいだように静かな空気だった。
・・・あの歌声とおんなじだ。

だけど泣いてた。
ファンにむかって手を振るあいだも、オープンカーに乗りこむときも。
しきりに目頭を押さえてた。
春野サンだけじゃない。
同じく退団者の鈴懸三由岐サンも、あとで出てきた桜乃彩音ちゃんも、真飛聖サンに至るまで。
みんな泣いていた。
静かに涙を流してた。
こんな楽は初めてだと思った。
・・・ほんま、私もヤキがまわった。

今はまだ、現実なんだか夢なんだか、
楽しいんだか悲しいんだか、
幸せなんだか寂しいんだか、
何がなんだかわからないのですが。
たくさんの歌を聴かせてくれた春野寿美礼サンは、私の前から、幻のように去ってしまいました。
こうして長い一日が終わったのです。
スポンサーサイト
 「携帯から」 2007年 10月 29日 (月) 21:10
すんません、前の記事間違って消してしまいました・・・

今やっと家に帰ってきました。
ずっと中腰姿勢だったのでヘトヘトです。
入りと違って穏やかな出でした。
春野サンは白のカスミ草とヴィオラが並ぶ中を歩いて、
花のアーチをくぐってファンの喝采をあびて、
赤いオープンカーで去っていきました。
詳しいことはまた後ほど。

なんでもいいけどスポニチが号外を出していることに驚きました。
終演より、号外のほうが早いなんて・・・
カテゴリ: 携帯から
 「携帯から」 2007年 10月 29日 (月) 11:04
朝10時すぎ、春野さんは巨大な白いお神輿に担ぎ上げられ、
出迎えた組子のみんなに表彰式をしてもらいました。
真飛さんから手渡されたのは、目には見えない表彰状と金メダル。
春野さんは嬉しそうにメダルを噛むフリをして応えていました。
カテゴリ: 携帯から
 「なんとなく花のみち日記」 2007年 10月 27日 (土) 00:36
花のみちにファンが白いウエアで集まっているのを見ると、
さよなら公演も千秋楽が近いんだなと思う。
終わっちゃうんだなと思う。
 「とっくに1週間をきってるよ」
と友達が言う。
 「あと3日しかないよ!」
つめたい秋風の吹くような、それは寂しい白なんだ。

見たいような。
見たくないような。
そんな観劇だった。
今日は私にとって春野サンの見納めだったから。

最後の舞台。
最後の芝居に最後のショーだ。
目をみひらいてしっかり見てきた。
鈴懸三由岐サンの肩を。みごとな上腕の筋を。
春野寿美礼サンの口を。半開きの( д )口を。
立ともみサンの皺を。ぎゅっと塩味のきいた頬を。

そうして最後の最後まで、
春野サンが背負い羽のナイヤガラを蹴っ飛ばして下がっていって、
下りてきた緞帳が靴の爪先を隠してしまうまで見てた。

一生懸命、観てたらね。
なんだか、疲れた。
疲れてしまった。
見送ることに。
別れることに。
好きなひとたちがいなくなってしまうことに。

今まで何十人と見送ってきて、
去年もいっぱい見送ったのに。
もう二度と観れない。
もう二度と聴けない。
そう思うとやっぱり寂しいんだ。
バカみたいに寂しいんだ。
見送った人の数だけぜんぶ。
たくさんもらった思い出の数だけぜんぶ。
寂しくって、悲しい。
私はいつまで見送りつづけるのだろうと思ってしまうくらいに。

それでも。
それでも、尚。
・・・晴れるといいな。月曜日。

***************************************

旧サイトのコーナー「うたかた」をUPしました。
ブログに書くのは抵抗がある内容なので、あのまま更新していこうと思います。
読んで下さる方は「こちら」から。
 「お知らせ」 2007年 10月 21日 (日) 20:02
ものすごく今更ですが、
今更すぎて申し訳ないんですが、
今まで放置してきて何だよと思われるかもしれませんが、
・・・ブログ拍手のレスなどを書いてみました。
コメント公開で、お名前を入れて下さった方のみとなっておりますが。
心当たりの方は「メールフォームへのレス」からどうぞ。

これだけでは何なので。

次の星組さんの主人公の役名が、ティリアン・パーシモンというらしいですね。
パーシモン。
パーシモン。
・・・こんな感じか。

  (お店にとんじゃうのでクリックしないで下さい・・・)

ゴルフやってる方以外わからないネタで恐縮です。
私の属する世界では、「パーシモン」とは「ずいぶん年季が入ってる」「お懐かしい」「ぶっちゃけ少々お年を召している」という意味あいを含む言葉なのでございます。
ダークで強くて、すんげーかっこいい我らがヒーロー、その名はミスター・パーシモン!
・・・渋い。
まあ、苗字だから。
カテゴリ: お知らせ
 「ネタバレ!」 2007年 10月 18日 (木) 23:18
書いてるうちに、未涼さんの
 「♪ルイマレー・・・ふっふーん(偉そうに鼻で笑う)」
という歌が頭から離れなくなりました。
・・・誰か助けてください。


(1)はこちら
(2)はこちら

カテゴリ: ネタバレ!
 「なんとなく花のみち日記」 2007年 10月 15日 (月) 18:25
仕事やすんで病院いって、帰りにそのまま花のみち。
秋の空には鰯雲。
ファンもいっぱい群れていた。
おんなじ服着て群れていた。
周りから、こんな会話が聞こえてきた。
 「あそこの会服、可愛いね!」
 「うん可愛いね!」
 「ピンクだしね」
 「フリルだしね」
 「でも、似合ってるひとは限られてるね!」
これぞ悲しき会服の宿命。

それはともかく劇場へ。
いつもの定位置・B席だけど、席番なんて本当は関係がない。
翼の生えた歌声は、広い空間をつらぬいて、2階のてっぺんまでのぼってきてくれるから。
胸いっぱいに吸い込もう。
心にいっぱい吸い込もう。
春野サンの歌声は肺をとおって沁みわたる。
からだの全てにいきわたる。
心の芯のところまできれいな歌で満たしたら、体もきれいに治るかもしれない。

歌いっぱいの芝居は楽しかった。
駄々をコネてる壮一帆くんが楽しかった。
日向燦ちゃんのモミアゲが楽しかった。
タンゴを踊る真飛サンと愛音サンが楽しかった。
見つめあう2人の間には、ジャンケンの3回勝負でも始めそうな緊張感が漂っていた。

そうして芝居も大詰め近く。
殴りこんでくる悪役!
立ち向かうヒーロー!
先に撃つのはどっちだ?
ドキドキの一瞬、思いつめた団体客から声があがった。
 「ああっ、おじいちゃんが危ない!」
・・・おじいちゃん。
クライマックスで主人公より心配されちゃうキャラなんて。
やっぱりスゴいぞ眉月凰氏。
不定期にヒットを飛ばしてくるあの存在感は貴重ではないだろうか。
おじいちゃんは無事、桜一花ちゃんに介護してもらっておりました。

いっぱいに歌を吸いこんで、
芝居をかなり楽しんで、
・・・でも幕間にまた気分が悪くなってきたのでショーは諦めて帰宅しました。
根性なしですみません。
 「携帯から」 2007年 10月 15日 (月) 11:32
20071015113222

朝一で胃カメラのんでその足で宝塚に来ました。
看護婦さんには
「もうちょっと休んでなさい」
って言われたけど、ぐずぐずしてたら当日B席が売切れちゃう!
頑張ったんで今日は観れそうです。
しかしコーヒー飲みにくい。まだ麻酔が残ってる…。
カテゴリ: 携帯から
 「なんとなく花のみち日記」 2007年 10月 11日 (木) 14:10
休みだ!
観るぞ!
宝塚!

勢いよく家を出て、
勢いよく劇場に向かい
午前10時のチケットカウンターに
 「当日B席1枚ください!」
勢いよく言ったら
 「売り切れです!」
勢いよく言い返されてしまった。
無念である。
残念である。
完全な敗北なのである。
・・・ひょっとしたら春野サンの舞台はもう観れないかもしれない。

心の中で泣きながら、それでもせっかく来たのだからと、
『プチ・ミュージアム』へ入ってみた。
 
 「宝塚雑談」 2007年 10月 09日 (火) 00:14
アクア5に引き続き。
なんともスリリングな番組だった。
『SMAP×SMAP』に宝塚が! という情報が入ってきたとき、
そして件のコーナーが始まった瞬間に、
 「お願いだから○○しないで~!」
思わず神に祈ったのは私だけではないだろう。
高視聴率番組って怖いんだもん。

羽しょった男役を囲むSMAP。
娘役に囲まれるSMAP。
黒燕尾の群れの中で踊ってるSMAP。
不思議な映像だった。
共演というよりCG合成に見えた。
「アリスの不思議な国」に迷いこんだ人たちみたいだ。

それで、
なんちゅうか、
とりあえず、
・・・ありがとう中居くん。
とても和んだ。
宝塚ファンはみんな中居君が大好きになったハズだ。
黒燕尾の場面での彼のキュートなことと言ったら、大和悠河くんをはるかに凌いでいたと思う。

あのメンバーで歌う『世界でひとつだけの花』は印象的だった。
敵う者のないトップアイドルと、
女の園のトップスターたちが声をあわせて
 「誰が一番だなんて争うこともしないで・・・
  僕らは・・・ナンバーワンにならなくてもいい」
と歌っているのだから。
 「それなのに・・・どうして比べたがる?」
のあたりは、こうるさいファンへ向けての言葉でもいいかもしれない。

それでもまあ、
瀬奈サンはかっこよかったし、
彩乃サンはにこにこと可愛らしかったし、
陽月サンはむちゃスリムだったし、
大和くんがむちゃむちゃ綺麗だったし。
木村氏と並んだとき懐かしの「ファットゲダム」のCMが頭を過ぎったし、
稲垣くんにあんなふうに言ってもらえてホッとして終わったし。

あー、楽しかった!
カテゴリ: 宝塚雑談
 「宝塚雑談」 2007年 10月 07日 (日) 00:53
知人に訊かれた。
 「長い間ファンをやってるんだからプレミア・チケットだって取れるんでしょ? 花組の千秋楽、観ないの?」

観れるかバカヤロー!
一ヶ月5千円の宝塚予算じゃ何もできるわけがない!

もしもお金に糸目をつけず、なりふり構わず奔走するなら、手段がないとは言わないけどさ。
しかしそれは私にとって、きれいな観劇とは言えない。
価値あるものとはいえない。
千秋楽のチケットは神聖なものだから。
私ごときがそんなことをしてはいけない。

・・・観たくて観たくて観たくて、観たくて。
心の中を火傷する。
私は焦がれるほうがいい。
舞台は観られなくたって、さよならはできる。
あの歌声を、音楽を、言葉にとどめておくことが・・・言葉を見つけることが、私のお見送りだ。

私なんかよりずっとずっと観たい人のところへチケットが届きますように。
 
 
カテゴリ: 宝塚雑談
 「ネタバレ!」 2007年 10月 06日 (土) 00:33
長くなってしまう。
そろそろ端折らねば。

追記:
一部ぜんぜんウソの名前を書いてました。
間違って、公式から新公の配役をコピペしてきたらしく・・・面目ない。
若い子はまったく知らないくせに、無理するののはやめておきますねー。
教えてくれた方々ありがとう~!

(1)はこちら
 
カテゴリ: ネタバレ!
 「ネタバレ!」 2007年 10月 02日 (火) 23:47
なかなか進まないんで、気長に待ってやってください。

(1)オープニング~ジャンヌ登場まで

カテゴリ: ネタバレ!
 「なんとなく花のみち日記」 2007年 10月 01日 (月) 23:59
用事のついでに花のみち。
ぶらぶら歩く花のみち。
今日はジェンヌを見なかった。
そのかわり、
ひみつの階段を見つけた。
クイズ・ここはどこでしょう!?


知らない猫さんに出会った。
ねこ


ツアー観劇のおじちゃん達が
 「けっこう脚太い子がいるな」
 「しかもみんなでっかいな!」
 「靴のサイズは24.5以上やで」
好きなことを言っていた。

おばちゃん達が
 「キャー!」
って群がってるから生徒が来たのかと思ったら、吉本新喜劇の芸人さんだった。

そうかと思えば熱烈ファンが、
 「客席で居眠りしてる奴って最低!」
と憤っていた。
 「前の席で寝とったら、どついて起こしてやるねん」
この人の近くに座ったら、命の危険にさらされる!

いろんなことに追い詰められて、
眠ることさえできなくなって。
・・・以前、そんな時期があったものだ。
大劇場に逃げてきて、私は舞台に救いをもとめた。
 助けてくれ。
 助けてくれ。
 現実の世を忘れさせてくれ!
天井桟敷のてっぺんで、私はようやく眠りにおちた。
へたくそな歌を聞きながら。
癒されながら。
泣きながら。
大劇場のぬくもりで、幸せな眠りを得ることができた。

湯の町・宝塚にうまれた歌劇、
その効能はストレス解消に疲労回復、何より不眠の解消である。
なーんて言ったらさっきの人に怒られてしまうんだろうか。
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。