駄らだらと語る宝塚ファンのブログ
駄らだら、たからづか。

皆様、こんにちは。
だだでございます。

子供の頃からずっと歌劇を観て育ちました。
ここ数年で宝塚も変わりましたが、私も変わりました。
今でもタカラヅカは好き。
それは変わりません。
舞台はときどき観ています。
でも、ネット上でファンを名乗る勇気は失ってしまいました。
宝塚は心の故郷ですが、ふるさとは遠きにありて思うもの、です。
昔みたいには観ることはできません。
今は、まだ。

他のブログは続行中です。
旅ブログ「地球の迷子」(たまに更新)
「猫とビターチョコレート」。

 「スポンサー広告」 --年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
 「なんとなく花のみち日記」 2015年 06月 07日 (日) 21:42
再演されると知ったとき、友達にまっさきに連絡した。
 「お願い、一緒に観にいって!」
だってさあ、あれを一人で観るなんて無理。
客席で一人ぽっちで笑いつづけるなんて無理!

それで2人で笑いにいった。
訂正。
2人で観に行った。
宙組『王家に捧ぐ歌』。
・・・宙組であってる?

とっても真面目な作品です。
平和をうたっているのです。
それでもなぜか笑いが止まらない。
『ベルばら』に笑いが止まらないのと同じように。

なにしろ初演の頃と変わらず壁画のセットがたまらない。
上手端に描かれた通称『パンツ一丁男』が健在だ!
12年ぶりのパンイチ君久しぶり!

 男 「鶏のタマゴとれたで。あんた食うか?」
 神様 「いや、俺も鳥やし、共食いになるからやめとくわ」
みたいな2コママンガもお気に入り。

端っこの方ではオオカミがガオーッてやってるし。
地下牢入口に描かれているアヌビス神なんて舌がテヘペロッてるし。

壁画はさておき。
主役の2人。
妖怪ファラオは無事に空を飛んでいた。
赤鬼アモナスロはますますワルくなっていた。
あ、ここは主役じゃなかったか。

ラダメス君はちょっと前屈み気味だけど、爽やかな将軍でございました。
アイーダさんは素敵な声で聴かせてくれました。
お約束のように手に汗握る、なかなかおもしろいアムネリス様でございました。
「てっさ」みたいな被り物がすごく懐かしかった。
あと、真風涼帆くんがむちゃくちゃかっこよくなってた!
ウバルドってあんなに良い役だったっけ!?

ツッコミ始めたら止まらないので、以上、おわり!
スポンサーサイト
 「なんとなく花のみち日記」 2015年 03月 10日 (火) 01:29
舞台はあまり観ていなかったけど、昔から見てきた人が大成するのは嬉しかった。
だから今日、千秋楽のお見送りにいってきた。
さよなら公演も観られなかったけど
最後にみたレオン君のダンスといえば大運動会のダンシング玉入れになるけど
私はこういう形のファンだから
入り待ち出待ちだけはしておきたかった。

2500人もの人々が当日券の抽選にならび
入り待ちを見るために前日の朝から場所取りをした人もいたらしい。

小糠雨のなかの入りは、雨なんかはじきとばしそうな勢いがあった。
宝石箱の神輿に乗ったレオン君は王様みたいに担がれていった。
組子たちがはやしたて、ファンの人たちがいじらしいほど一生懸命に歌を歌っていた。

出のときも冷たい雨が降っていた。
小雨というより大雨だった。
むちゃくちゃ冷えて寒かった。

これでは緑の袴も濡れてしまうだろう。
足袋から雨がしみるだろう。
そんな心配をしたけれど、退団者は雨などものともせず、みんなキリリと美しく去っていった。
愛原さんは背筋をのばし、雨粒をふりとばして去った。
レオン君は、あまりにも清々しく立っているものだから、まるでそこだけは雨が降っていないかのように見えた。
そこだけ太陽が射し、乾いて暖かいように見えた。

お日様のようだった若手は、のびのびと育ち、大きな太陽として卒業していった。
巨星が去って行った。
 「なんとなく花のみち日記」 2015年 03月 09日 (月) 23:54
あれは何年前のことだろう。
 「すごい子がいる」
と、一人の音楽学校生のことが話題になっていた。
 「ほんとにすごいよ!」
舞台をみた人も同じことをいった。
どこに出てるか教えてもらおうとすると
 「見たらすぐわかるよ。一人だけ、ものすっごい踊ってるから」
本当だった。  
ものすっごい踊ってた。
天を掴み空を切り裂くダイナミックなダンスだった。
・・・えっと、研1だよね?
なんだこの異次元空間は。

すべてが大きかった。
ダンスも身長も存在感も、口をあけてガハガハ声をあげる笑い方も。
太陽のような若手だった。

柚希礼音くん。

一番印象的なのは『花の業平』の新人公演。
忘れもしない。
梅若という役だった。
梅若が舞台にとびだしてきただけで、パッと明るくなったんだ。
太陽が顔をだしたみたい!
そう思った瞬間、調子っぱずれな声で歌いだした。
ずっこけた。
「音のはずし方までダイナミックだね」
とみんなで笑った。
ああいう人は端っこに置いておけない。
スターになるしかないのだと、誰の目にも明らかだった。

若いうちはパワー制御できなかったのだろう。
良くも悪くも目立って仕方がなかった。
星組の暴れん坊。
やんちゃくれのいたずら坊主。
そんなレオン君が好きだった。
ザネリが好きだった。

「王家に捧ぐ歌」の新公ラダメス。
「タカラヅカ絢爛」の蛇のダンス。
プリセツカヤ振付のダンス。
だんだんとパワー制御ができてくる。
少年期が終わりに近づいてくる。

歌えるようになるともう無敵だった。
『スカーレト・ピンパーネル』のショーヴランは感動的だった。
 「踊ってないのにすごい!」
と誰かが言った。
巨大男役・柚希礼音が完成した。

レオン君がトップになったのと、私が宝塚から離れたタイミングがちょうど同じだった。
トップ姿は数えるほどしか見てない。
若い頃しか知らない。
何を見ても
 「まあ、あのヤンチャ坊主が大きくなって」
と近所のおばちゃんの心境で感心するばかりだ。

舞台はあんまり見ていなかったけど、ビッグなスターになっていることは知っていた。
わかっていた。
音痴の梅若のときから。
太陽のようなトップスターになって、舞台と客席を照らし出すに違いないと。


 「なんとなく花のみち日記」 2015年 01月 26日 (月) 22:23
先週、金曜ロードショーの『ルパン三世』を見逃した。
楽しみにしていたのに。
・・・じゃ、宝塚で見ようか。
てことで、3か月ぶりの宝塚が『ルパン3世』。
ポスターを見たときには
 「なんでもアリやな」
と改めて感心したのだけれど。

見終ってみると。

可愛かった!
感動的に可愛かった。
モミアゲもないし「ルパン3世の青春」みたいだった。
何なのあの爽やかさ!
銭形のとっつあんも頑張ってた。
フジコちゃんもいっぱい谷間を描いて頑張ってた。
カリオストロに変にウケた。
みんなほんとに可愛かった。

実は、このあいだ知り合ったおばちゃんに
 「私、麻路さきサンとか彩輝直さんとか大和悠河サンの『歌』が好きなんです」
って告白したら
 「それじゃあ早霧せいなサンの歌がおすすめよ!」
とすすめられた。
それで、ワクワクどきどきハラハラ、期待してたんだけど。
違うやん!
ぜんぜん違うやん、おばちゃん!
期待したよりずっと、歌うまいやん!

近頃、どこをみても「可愛い」しか感想が出てこない。
私、宝塚でカッコいいとか思える人って、もしかしたら箙かおるサンくらいまで上らなくちゃいけないかもしれない。

思えば見始めた頃はまだ子供だったから、スターさんってずっと年上のお姉さん(か、おばちゃん)だと思っていた。
それがだんだん近づいていき。
やがて同世代になって。
気がついたらトップ全員年下になってて。
 「今、舞台に立ってるジェンヌが生まれる前から、私、宝塚みてるんだ」
ということに気がついた。
完全におばあちゃん目線になってるよ私。

さて、今週の『ルパン三世VS名探偵コナン』は見逃さないようにしよう。
 「なんとなく花のみち日記」 2015年 01月 12日 (月) 10:57
2015年。
あけましておめでとうございます。
と言ってもいいのでしょうか。
関西では15日まで良いのでしょうか。

年末の30日に一度だけ、宝塚の町を車で走りました。
花の道を走りました。
忙しいはずの年の瀬でも、やっぱりファンの人がお稽古待ちをしていました。
皆様お疲れさまでございます。

100周年で急激に増えた宝塚ファンが
101年をすぎてもそれほど減ることなく
順調に1年を過ぎていきますように。
お祈りしています。

舞台、見たいなー・・・。
copyright (C) 駄らだら、たからづか。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。